教授のいない時こそ稼ぎ時!

と、私は、教授になるまでは思っていました。

 

准教授のときは、ボスは別の建物にいたし、助手のときも別室にいたし、両者とも、在室時間を何かで縛る先生でなかったので、自分の気が乗らないときは、早くかえり、実験がうまくいくときや筆がすすむときは朝方まで・・というのが、私の時間管理でした。夜遅くなったり、徹夜しても、一応、朝は教授よりは早く行くようにはしていました。朝は来ていないと電気や開錠を教授にさせるのはよくないかな・・と、私も日本人的なところもあったりしました。准教授の最後の1年半は、新任の教授が着任して、平素は別の建物の部屋にいましたし、私も近い未来の独立を考えていて研究費も自分でとっていたので、自由にさせてくれていましたが、帰りぎわに研究室に必ず、立ち寄られました。それも、必ず20時ぴったりだったので、19時半くらいに、今日はそろそろ帰ろうかなあ・・などと思っても、のみの心臓の私的には、一応、20時まではいようか・・などとしていました。明暗サイクルを考えても、動物の行動実験は、すでに終了しているはずなので、動物舎に行っているという言い訳はできず、ラボにいなければ帰宅!ということになります。一応、大学院生も少しは気にしていたようですが、私から、このことについて、何かを大学院生にはいったことはなかったですね。そんな時に、私が雇用していたポスドクの方自身は、私と同じ方向性の考えではあるのですが、交通機関の関係で19時半くらいに大学を出るのが最も効率がよいようで、どうしようかな。。という感じでした。が、ある日から、きっぱりと教授立ち寄りの前に(たとえ、用事があっても)帰宅されるようになりました。理由は、配偶者の方(も、他の大学で研究者をしてられ、今もさらに他の大学で研究活動をしてられます)が、教授の回覧のためだけに研究室にいるのは研究者としておかしいと、めちゃめちゃ激怒され、そんなことをするなら、研究者を辞めろ、と、いわれたからとのことでした。

 

ところで、本題にもどると、こんなふうに、私は、時間縛りを受けずに今までの職業人人生をやってきていますが、教授が出張でいないと、『あのヒトにこれ教えておいて』『ごめん、この手紙、タイプしておいてくれる』『お客さんを空港まで迎えに行ってきて』『ゲラ刷り校正頼むわ』と、用事が急にふってくることがないので、自分で時間が使えるから、稼ぎ時!と、思っていることが多かったです。

今夜、外に行っていて18時半くらいにラボにもどると、半数以上の教室員がいず、教授不在のありがたみを感じていないのだなあ・・と、思った次第です。ゲラ刷りどころか、郵便の投函を、頼んで、きっぱりと『いやです』と答えられたのがトラウマとなって、私もほとんど用事を頼んでいないのもあるでしょうが。郵便の投函は、ずっと前のことで、後でわかったのは、今の子らしく、郵便を出した経験がなかったからみたいでした。今度からは、少しは頼りにしようっと・・・いや、今月、急に英文論文の和訳が必要になり、4年生6名が手分けして、2日間でほぼ完璧版をもらったので、学生には助けてもらっています。

 

やや、関連してですが、

 

ネットで、ボスの科研費の計画書の代筆をさせられて・・という愚痴がよくあります。今まさに、その季節ですね。私たちの世代(少なくとも、私がいたラボでは)、4年生の学部生のときから書いてました。ざっとした原稿は教授が書いて、准教授の先生たちが、ぬけている文言や参考文献を入れ、ドクターコースの学生が”てにをは”を直して、学部生が清書していました。私が4年生のころは、まだ、科研費申請書は手書きだったので。それから、少なくとも10年くらいは、手書きはないとしても、紙媒体を蛍光灯にすかしながら原紙にワープロで直接印刷の時代でした。だから、文字数を考え、行数を決め・・・と、していると、内容が確定してからでも、研究室総出で徹夜騒ぎになったわけです。朝までかかって、清書完了した後に、教授が大学へきて、ここへ一文追加・・と、言い出すとすべてがやり直しでした。4年生の女子学生(その頃は字がきれいな学生に女子が多かったようです)が、3回目くらいの書き直しになると泣き出すというのが、この時期の風物詩でした。4月に研究室に入ったときに、教授が、全員の履歴書を見ながら、『OOさんは字が綺麗でいいねえ』と、いった理由が半年後に理解できるわけです。

 

清書はやりすぎとしても、少し、年齢があがってからは、研究室内には、複数のプロジェクトが走っているので、自分が担当しているもので科研費申請をボスがしてくれると、ちょっとうれしくって、あらっぽく書かれた文章を自分が完成させる(しかし、その後、原型をとどめないほどに修正を受けるのですが)のは、少し誇らしく思ったりもしていました。自分の科研費申請書よりも、そちらを優先させて、学内締め切りの2週間前には持っていくようにしていました。正直なところは、そんなことをしていない助手や准教授も他のラボではいたし、自分のことは自分でやったら・・と、思わないでもなかったですが、今振り返ると、そのおかげで、今、教授として計画書を書くのが苦にならない、ましな計画書の書き方を少しは理解できているのかもしれません。

 

 

今は、さきがけ、とかもあって、学位取得して、2年くらいポスドクやって、すぐに独立というのが若い方の理想で、上の仕事はいたしません!きりり! というのがかっこよいようです。

 

今まさに科研費のラストスパートで、新規3つを書いているところです。いや、2つは自分で書いたのだけど、最後の1つはスタッフに書いてもらったのを今、直しているところです。なんて、ありがたい。学内締め切りは、すでに1週間すぎているので、今夜も長い・・ですね。

 

 

京都の金閣寺の近くに新規開店したお店のチョコレートです。

20171006_224650[1].jpg20171006_224721[1].jpg

 

 

 


研究業績発表会

博士の学位を取得するには、所属大学では、審査のある学術誌で論文2報が受理→発表30分、質疑応答20分の発表会→学位論文の提出→審査・諮問→審査結果の評価

 

 

となって、博士の学位が授与されます。そのうちの発表30分、質疑応答20分が本日ありました。私が今の大学にきて4人目の学位申請ですが、完全なウエットの実験系では、はじめてで、私もやや緊張でした。

 

 

学位論文の内容に一部は新聞記事にもなったので、また、のせますね。

 

 

今夜は、論文投稿、科研費、科研費、科研費、論文投稿ですね。科研費は、今までで一番多くの件数を出そうとしています。

博士の学生は、このしばらくは審査員の先生からのインタビューです。


業績、家庭、ひらめき、根性、文章、研究計画、研究実行性、若いときだけ

私の所属機関で実施された科研費獲得のためのワークショップの資料に、科研費獲得の8要素として、このように書かれていました。

 

私は資料をもらってきただけで、ワークショップには他の用事があって、参加していないので、現場では、説明が付け加えられていると思いますので、私に理解不足のところがあると思いますが、斬新!と思いました。

 

科研費の文章は、分かりやすく、要点を押さえて書くことは、かなり重要とは思うけど、科研費の書き方のみが採択ではないと私は感じています。その時点までで、どれほど、きちんと論文を含め学会・研究活動をしてきたか、フィロソフィーをもって研究をやってきたことが重要で、次へ、どのような夢をもって研究をしようとしていることが大切だと信じてやってきました。それらのことを凝縮した言葉だなと思いました。

 

 

家庭が重要・・と、いわれてしまうと、子供のない私は科研費をとってはいけないのかしら・・・が、ひとつの疑問です。最近の私の考えとしては、根性よりも、楽しさかなと思います。付け加えるなら、時間を効率的に使うことです。相反しますが、ここぞという時に、がんばれる力も重要かな、と、思っています。

 

それと、自分のやりたい研究の情報発信をするために論文を書き、自分のやりたい研究をするために外部資金の研究費を獲得すると私は信念をもっています。教授になったのも、それを効率的に実施するためです。最近は、偉くなるために論文を書いて、研究費を獲得するという風潮が強くなっているように思います。教授になることが、あがり、ってことはないと思います。研究って、もうっちょっと、夢のあるものだと思うのです。

 

 

先週、札幌で実施された学会に行っていましたが、すでに、皆、科研費申請資料完成の雰囲気で、びびっておりました。私の所属大学は、学内締め切りが13日です。がんばろう。

 

 

しかし、札幌では、よく飲みました。

20170927_190458.jpg

 

 

 


同窓会

所属している大学の同窓会の愛知県支部に出席させていただきました。

大学の現状と、名古屋で私がしていた研究内容を富山で発展させていることをお話をさせていただきました。

 

 

愛知県支部総会に参加された方の中には、今年93歳となられ、国家試験を受けずに薬剤師免許を得られた最後の年の方も来られてました。今年80歳になる方は、滴定の実施試験が国家試験にあったといってられました。この方は、同期の卒業生を今年を最後と決めて実施するといってられました。

 

何よりも、この大学を出たことを誇りに思うことを後輩に伝えたいという言葉がずっしりきました。私たち現役も、がんばらなくては。

 

若い方は同窓会へあまり、参加しないようですが、薬学の領域は、どこへ行っても、知っている方が間接的にはいらっしゃったりして、同学ということが、他の領域より大切なことも多いです。時には、同窓会へも顔を出すといいこともあるかもしれませんよ。

 

 

20170903_135254.jpg

ななちゃん人形が、今年は広告になっていて、少し、びっくりです。

 

 

 

 


第2回日本薬学教育学会へ

薬学部が6年制になって、薬学部の教育にも教育スキルが必要との考えから、日本薬学教育学会が昨年、設立されました。

 

今年は、9月2-3日に名古屋市立大学で開催されました。

 

 

20170902_135434.jpg

 

20170902_135321.jpg

 

 

私は今回は発表していないのですが、学問も色々と変遷することを感じました。


研究室旅行

8月31日-9月1日で、今年も研究室旅行に行ってきました。

 

新しく設立された研究室ですが、8回目となると、もう指折りで、どこへ行ったかが分からなくなってきました。

今回の旅行は、今年度中に巣立つことが分かっている博士後期課程の学生2名の最後の旅行なので、来年からはいないのだな・・と、思うと、寂しい思いが一挙に私の中には襲ってきていました。どの学生も私にとっては、研究室に集ってくれた大切な仲間ですが、博士課程まで行った学生とは、長い時間を一緒に過ごし、学会発表、論文投稿を一緒に経験してきて、感無量です。今から、こんなんだったら、卒業式(学位授与式)の日は、どうなるのだろう・・と、思っています。

 

研究室旅行の夜は、遅い時間までお酒を飲むこともあり、私は、貸切バスでの往復をするようにといっています。所属の学生は何事も車だし、アシという飲み会の学生の送迎をする習慣もありますが、研究室行事なので、万一がないようにと思っています。費用も余分にかかるし、小回りがきかないので、学生やスタッフは不満を持っているようですが、何かあった時に私は後悔すると思うし、保護者に顔向けできないと思い方針をつらぬきました。

 

 

20170901_095204.jpg

 

20170901_084113.jpg

 

 

 

20170901_084010.jpg

 

時間や費用のことを考えてか、近場のロッジでバーベーキューというパターンが2年続いていますが、お肉や焼く物のバラエティをよく考えていて、さすがだな・・と、思った次第です。バーベーキューの前は、パターゴルフをしました。宗教的な理由でお肉が食べれない学生がいますが、その人のことも考慮して買出しをしてくれていて、研究室は多様性を学ぶ機会でもあると改めて思いました。

 

 

20170831_222154.jpg

毎年、誕生日を祝ってくれて、うれしいです。

 

 

20170901_112840.jpg

最後はブドウ狩りでした。

 

 


風邪の誕生日♪

今年も誕生日を迎えました。元気で大きな病気もせず、年を重ねられることに感謝です。

 

 

母からのメール、叔母(母の妹)からのメールともに、『ここからの1年、1年は早いので、後悔のないようにお過ごしください』だったのですが、私的には、今でも1年、1年が早いのになあ・・と、思っておりました。

 

今年の誕生日前の1週間は、風邪をひいてしまい、咳で、腹筋が痛いほどでした。大学院の試験をしている最中に咳がでるといけないので、咳止めの薬を飲んだら、咳はピタリとおさまったものの、その後、体がだるくなり、添付文書そのままの作用を実体験しました。熱発しても、NSAID1錠で平熱まで下がって、今更ながら、薬の威力を感じました。医師、看護師、薬剤師とも同じだけど、患者と同じ処置を受ける経験をせずに、医療人は、患者に寄り添っているわけで、イメージしかしていないところ、このように自身で経験すると、自分が関与している医療を改めて考えることができます。

 

共同研究等をしている精神神経科の医師には、患者に投与をする精神病薬は、全て、1度は自分でも服用しているといっている方がいましたが、きっと、患者の気持ちを理解しようとしてられるのだろうな・と、思います。

 

別の医師で、若いと患者さんより人生経験がずっと少ないから、早く年をとりたいと思っている・・と、いっていた方もいました。若くても冷静な判断ができ、落ち着いている方もいるし、年齢がいっていても逆もあるので、年齢よりも個体差のほうが大きいのかと思いますが、自分としても、教授になって色々なことを経験し、どのようなことも1度目はいろいろと気を揉むけど、2回目からは落ち着いてられるので、少しは落ち着き感と許容感がでてきたかもしれません。家人いわく、准教授のときのほうが、ガムシャラ感があったといっていますが、あたっているかもしれません。科研費とかの研究費獲得にむけては、ガムシャラは今もです。

 

体調がすぐれない誕生日でも、カーナビは、忘れず、祝ってくれます。

 

 

プレゼントの一部です。

 

 

長財布

 

 

AMEDの報告書を書きつつ、学生の論文をみています。早く再投稿しなければ・・・

 

一斉休暇の前後は論文祭りで、1報が受理、1報が投稿中、2報が再投稿中です。

今年度中には、博士後期課程の学生が2名、学位を取得して巣立つ予定です。博士後期課程の学生は5年とか6年とかラボにいてくれた方で、私にとっては、研究室設立直後1,2年の時期からの苦楽をともにして方々なので、卒業は寂しいところです。2名が卒後に活躍してくれること、そして、何よりも元気に過ごしてくれることが一番です。なので、もう少しの在学期間は、私も精一杯のことをしたいと思っています。

 


大学院の試験

も、終わりました。

修士の大学院試験では苦い思い出しかない私にとっては、毎年、胸が痛くなります。

 

2つ前の記事で、休暇明けは、健康万全で・・と、書いていたにもかかわらず、関節痛を伴う風邪にかかってしまいました。

 

平素から、体調管理も能力のうち・・と、口をすっぱくいっているのに、面目のないところです。1,2日で回復して、今日は、もう元気です。

 

3日前に新川へ講演へ行ったついでに、ばい飯を購入しました。

 

 

源七さんです。

 

 

 

 

私が行った時も、宅急便の送り出しを大量にされていて、通販での対応もされているようです。

 

 

 

 

 

 


大学の先生になって、良かったと思うこのごろ

私たちは、大学の教員であり、職名としては教育職員です。でも、研究者でもあり、研究者番号があります。私のように、ずっと、大学で勤務してきた者としては、研究所勤務の方々の毎日のライフスタイルが分からないです。

 

 

研究を優先するなら、研究所に勤務したほうがいいでしょう。私も、そのように感じることが今までに何度かありました。

今、大学薬学部の教授としてやっていて、研究室をマネジメントすることの大切さ、その結果、研究が進んでいくこと・・に楽しさを感じているので、私には、大学での研究者のほうがむいていたのだと感じています。

 

教授になって次の秋で8年になり、卒業生も4回出ています。博士取得者も3名、今年度中に2名が学位取得予定です。博士をとられた方のうち2名は他大学薬学部で教員をし、そのうち1名は、今年、2人目の子供さんを出産し、それぞれ研究を続けてら、今では日本全国からシンポジウムの依頼などをいただいて、嬉しい悲鳴をあげてられるようです。

既に卒業した方で、在学中に色々な理由で、研究室にこれない日があった学生が複数いました。そのうち1人は、今では、薬剤師として働いていて、その地域の他の病院で薬剤師をしている私の友人から、しなやかで、良い薬剤師として成長しているとお聞きしました。他の1名は、製薬企業でがんばっているようです。そのことも、その会社の役員の方から、『その人を採用してよかった』と、お聞きして、本当にうれしかったです。

 

 

そんな方々が、元気に、輝いた目で、卒後に大学にきてくださるのは大学人として働いていてよかったな・・と、思う次第です。みんな気を使って、手土産を持ってきてくださるけど、姿を拝見するだけでうれしいです。富山に来られる折には、ぜひ、お立ち寄りください。そんなこんなも含めて、今年のいただきものの一部を掲載しておきます。皆で美味しくいただきました。

くれぐれも誤解のないようにですが、ご活躍をしてられること、元気にやってられることが、一番、うれしいので、お気遣いいただく必要はまったくないですからね。

 

 

 

 

 

 

 

最近は、博士後期や博士課程の学生に大学の助教の話しを持っていっても、『先生方みたいに朝から夜まで仕事をして大変そうな生活は嫌です。自分の時間や家族を大事にして、給料をもらえたほうがいいです。』と、本当に直球で断ってくる学生のことが話題になることは、私の知人関係でも何度もあります。学部や修士の学生も入れると私自身も複数回経験しています。学部や修士の学生の場合は、助教として研究して、サラリーをもらいながら、学位も取らしてもらえるので、27歳まで大学院生として親のスネをかじった私としては、なんて、いい話なんだろう・・と、思うのですがね・・・。私ごときの能力では、博士課程で、がっつり実験をでき、研究に没頭できたことは、今につながっていると思っています。研究費申請、動物実験や遺伝子組換えなどの、各種研究の承認とかは、雑用と思っている方もいるみたいですが、本来であれば、大学院生の間に身につけておかないといけない必須アイテムであり、指導教員にみてもらえる間に手がけることができてよかったです。

 

今の職業は自分にむいていると思いながら、働けているって、私は幸せ者だと思います。

 

 

 


夏休み!

私が、今の大学に来て、今までの所属してきたところと違うなあ・・と、思ったことの1つが8月の過ごし方です。

 

 

大学院、助手、准教授をしていたところでは、8月は学部・大学院とも卒業学年は、就職が内定し、卒論にむけて、最もペースがあがるし、教員も、かきいれ時という感じで、共通機器等が最も混みあったし、修士1年あたりでもお盆の3日間の休暇がせいぜいという感じだったのですが、今いる大学は8月に入ると休暇ムードです。来週1週間が全学で一斉休暇なので、実質は8月11日から20日までの10日間が完全な休みです。地方や国家公務員の方とメールのやりとりをしているとズレを感じるときもあります。

私も、環境に慣れてしまってからか、休み気分ではあるのですが、休暇明けから、大学院の試験やら定期試験やら学会やら(9月と10月は全ての土日にすでに予定が入っています)、後期の実習やら、さらに、カリキュラム改訂で初めて教える科目が後期にはあるので、気分的には、ぎゅうぎゅう感があります。

 

いずれにしても、元気で良い夏休みをお過ごしください。長期休暇の後に体調を崩したり、そのために休んだりは、精神的にも自他ともに痛手ですから、完璧にリフレッシュすることが重要ですよね。

 

 

 

レモンの木を育てていたら、実がなりました。早く黄色くなりますように。

 


| 1/82PAGES | >>

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
管理者のこと
現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。
私への連絡
プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。
みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。 **selected entries**
**categories**
**archives**
**recent comment**

**recent trackback**

**search this site.**

**links**
**profile**
**others** **mobile**
qrcode
**powered**
無料ブログ作成サービス JUGEM