<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

新年からの贅沢

 

マウスパットとマウスを新調しました。両方で6,000円くらい。マウスパットなんて、何でもOKと思っていたけど、まったく違います。新年から肩こり・頭痛がひどいので、思いきりました。小さな、でも偉大な贅沢です。

2018.01.14 Sunday 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 

謹賀新年

 

新春を謹んでお慶び申し上げます。

 

 

 

と、いっても、今日は、すでに七草粥で、遅らばせながらになり、いきなり、申し訳ございません。

皆様にとって健康で良い年となることを祈念しています。

社会や人々の役にたつ良い研究成果がでますように。

 

 

 

 

スーパームーンと八坂神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.07 Sunday 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 

京都での、行く年、来る年

20171230_170526.jpg

 

 

円山公園のしだれ桜です。

 

 

今年の終盤は、プライベートや私的なところでは、やや運気が下がっていました。論文発表は、教授になって最も、充実した1年でした。

学会の役員とかも、お引き受けする年齢になってきて、それも多くの方と出会いがあり、視野が広がりました。

 

来年も皆様が幸多い年となり、加えて、科学の世界にも良いことがありますように。もっと、身近なことでは、研究室に集った人々が健康管理がきちんとできて元気に毎日を過ごし、スタッフは順調に実験を遂行し、成果を得ることができ、学生も進級や大学院試験・就職試験をクリアして、楽しく研究できて、学会発表や論文執筆に結びつくといいなあ・・と、思うばかりです。

 

良いお年をお迎えください。

2017.12.31 Sunday 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 

戌年、こんにちは

本日で仕事納めです。

 

26日にスタバに買いにいく干支マグカップです(25日まではクリスマスのものなので、26日まではスタバHPにものっていないので)。私が、研究室を抜けて買いにいくわけでなく、家人に行ってもらってますからね。

 

20171227_094725.jpg

 

 

20171227_094729.jpg

私は、この手のところの漢字一文字があるところが好きです。

 

 

20171227_094735.jpg

別のものです。最近は、フタのあるのがスタバカップで出るようになっています。

 

下のは、干支マグでなく、クリスマスホリディーのものです。

 

こんなことしていると大学の先生は暇なのね・・と、思われそうですが、それなりには忙しくしています。今は、学位論文みて、来年の1月の講義のスライド作って、学会の抄録書いて、論文も2報を同時に仕上げています。

 

いつもなら、長期休暇は、稼ぎ時!なのですが、今年の年始・年末は、ずっと実家に帰省する予定です。4泊くらいかな。こんなに長期で、実家で休暇を過ごすのは、18歳の大学入学で京都の実家をでてから初めてです。

学生も私の周囲の友人・知人も驚きますが、私の場合、18歳で実家を出てから今までの30数年で、両親のいずれかから電話があったのは、父方の祖父母が亡くなったときの2回だけで、それも2回とも、夜中になくなったのに、朝を待ってでした。それ以外では、むこうからかかってきたことはないです。ここにも書いたけれど、母方の祖母がなくなったときは、1カ月くらいしてから知りました。両親が、それぞれ小さい入院したときも、退院してから知りました。入院の時の保証人として、私の名前を書いて、苗字は同じなので、適当に三文判を押していたようです。

ありがたいことに両親は、まだ、自分たちだけで元気に暮らしていますが、信頼されているのか、見捨てられているのか・・という関係です。

 

このような親子関係の中で、長期の帰省は珍しいでしょ。私も人の子と思う年末です。

 

 

 

 

2017.12.28 Thursday 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 

雪国・・今年は、少し大雪が早いかも

[ 富山 ]

富山は雪が降ります。

 

モントリオールへ留学したので、長靴必須の通学は、抵抗のないところですが、モントリオールは、地下鉄が整備されているので、私は車の運転をしていなかったので、雪の日の車の運転は、今だに緊張しています。

 

雪も写真でみる分には、幻想的です。

20171227_205419.jpg

 

 

20171227_205546.jpg

 

 

20171227_075151.jpg

この写真なんて、ただの田んぼなんだけど。

2017.12.28 Thursday 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 

めでたい・・・

教授として着任して丸8年の今年、ウエット系での課程博士2名がでます。

 

いずれも、この2カ月くらいの間に論文の採択がありました。1名は、先週、学位の取得が決定し、1名は3月修了を目指して、今、私が学位論文の校閲をしているところです。

 

2名とも、IFが4越えの論文が出せました(昨年までは5超えのジャーナルだったので、その意味では、少し残念かな)。

 

この機会に6年生の就職祝いや夏のソフトボール準優勝や大学院合格のお祝いも兼ねて、学生全員と焼肉いきました。すこーし贅沢なお店だったのですが、本当に嬉しかったです。

 

 

 

 

きれいなお肉でしょ?

 

ここに載せようと思って、行くさきざきのクリスマスツリーの写真もとっていましたが、クリスマスも昨日となり、機会を失いました。残念。また、研究室で焼肉に行ける日を目指して次の論文です。

2017.12.26 Tuesday 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 

アイデアで勝負!

研究室訪問の時期です。

 

OSCEまで、あと2週間で、今は何かと毎日、イベントがあって気忙しい季節です。それが終わると、研究室配属になります。先週から、研究室訪問が始まっています。訪問に来る学生が、人生ではじめての研究室生活にワクワク、ドキドキしているのを感じて、自分まで胸が熱くなります。

 

今年は学位取得者が2名予定されていて、彼らの学位論文も含めて、今年は良い論文がいくつか出ています。論文の掲載が決定して、自分の研究が世の中にでていく瞬間は、研究者が快感を感じる瞬間です。大学院、特に博士後期、または、博士課程へ進学する学生には、この快感を体験してもらいたいし、可能な限りは、修士で就職する学生にも経験してもらいたいと思っていますが、時間的なこともあり、また、私以外のスタッフは自分の将来のこともあり、学生の手助けをするなら、自分が筆頭著者で論文作成と思っていて、修士の学生が経験するには難しいところもあるようです。

 

研究室に入ってくる3年生は、やたらと夜遅くまで大学にいたり、遣い回されたりするのが、研究室と思っているかもしれませんが、世界で自分がはじめ何かを見つけること、それを情報発信する技術として、学会発表や論文作成ができる場と思ってほしいなあ・と、思っています。実験はセンス、アイデアやひらめきも必要ですが、最初は、与えられたテーマを丁寧に自分で理解していくことが大事かなと、私は思っています。大学で研究をする以上は、毎年、新人を迎えることから、あまりに競争が激しいところで勝負でなく、アイデアで、オリジナルなことを狙いたいと思ってやっています。

今年は、論文が複数出てよかったですが、これも学生の方々が、がんばってくれたおかげですし、いずれの学生には、研究室配属されて、何もできなかったところから、ここまできたわけです。

 

実験をこなせること、次に何をすればいいか考えること、そのための必要な物品を購入するようにアピールすること、自分の出したデータをストーリーにすること、学会発表すること、学会発表でいただいたコメントを取捨して追加実験をすること、論文を書くこと、論文のコメントに対応すること、

 

ここくらいまでが、大学院生には必要です。修士や6年制の学生もやろうと思えばできますが、私の考えたテーマが悪くて、学会発表くらいまでの学生もいて、申し訳ないところです。

 

 

さらに、この後、研究で身をたてるなら、研究費獲得の書類を書くこと、近い分野の研究者とコミュニュケートすること、が、求められます。

 

この中のいずれかが出来ないと、研究者として、進んでいけなくなります。いやいや、私は、すでに、最初の実験をこなせることは、最近はさっぱりですが。難しいですよね。実験センスがあっても、論文や研究費申請者の作成が下手だと研究者としてやっていけないし・・ですね。海外ポスドクをやっている人から、大学院生の時の論文を抜きにして、ポスドク時代に自分が筆頭の論文が5報、自分の技術や指導がいきて論文になったもの3報の計8報がないとパーマネント職はとれないとお聞きしたことがあります。8報というのが、ずいぶん、中途半端は数字で記憶に残っています。私も大体10報くらい書けば、自分で論文が書けるようになるように思います。

 

何よりも、アイデアは、大事ですよね。

 

このスプーンは富山のもので、カチカチのアイスを食べる時に重宝しています。

3000円しますが、これも、アイデアの賜物ですね。

2017.11.19 Sunday 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 

東京ドームホテル

昨日までの1週間は幕張にはじまり、東京日帰り出張が1回、東京1泊出張が1回ありました。

 

最後の1泊は、東京ドームホテルに宿泊して、しかも高層階だったので、高いところ好きんの私には、大感激でした。

 

富山には高い建物がなく、今、販売中の22階だてが一番の高層マンションらしいです。

 

 

20171111_075031.jpg

 

 

 

20171110_225825.jpg

 

 

 

富山駅では、菊の展示がなされていました。

 

20171103_074607.jpg

 

 

富山に限らず、日本全国、秋の良い気候の季節ですね。

この気候があまり長くは続かないのが、つらいところです。

 

本日は、ある審査の書類で1日が終わりました。

2017.11.12 Sunday 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 

日本医療薬学会第27回年会に行ってまいりました!

第27回日本医療薬学会(幕張)に行ってまいりました。

 

11月3〜5日と少し前から3連休を利用しての開催になっています。いやあ、どの会場も超混雑で、よほど早くから行ってないと椅子に座っては講演を聞けないという感じです。私も年間にすると10以上の学会へ行っていると思いますが、これが最もマンモス学会です。日本薬学会より参加人数が多くなる年が多いです。

 

 

私はこの学会の認定薬剤師・指導薬剤師の資格をもっています。これを持っている人がいないとがん専門薬剤師の研修施設になれなかったりすること、私くらいの年齢の方で、普通に大学卒業後から薬剤師となり、学会に入っていると少なくとも認定薬剤師にはg学会在籍年数などの要件が満たされていれば、移行措置でなれたのですが、私のように出遅れた人はペーパー試験を受けて資格をもっています。富山県でも11人しか指導薬剤師はいません。

http://www.jsphcs.jp/nintei/n-yakuzaishi.pdf

 

この資格を維持するためには、5年の間に2回はこの学会に行かねば点数が足らなくなります。(←厳密には医療薬学フォーラムとかでも可能なので1回の参加でも何とかなるのかもしれません)。

 

平素は学生には、学会へ行ったら会場にいてきちんと質問しなさい、とか、学会やっている間は会場にいなさい。。と、口をすっぱくしていっていますが、自分の発表もなく、しかも、どのシンポも立ち見で、なかなか疲れてしまいました。

 

 

20171103_134248.jpg

 

 

20171104_110929.jpg20171104_110847.jpg

 

 

マリーンズのお膝元でした。

ホテルもとれず大変・・と、思っていたのですが、2,3日前になると、予約可能なところが増えたようです。

2017.11.12 Sunday 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

卒業論文発表会と事前学習で学生に気づかされたこと

 

 

 

20171101_102207.jpg

 

今年も6年生の学生の卒論発表会が無事、終了しました。

本当によくやってくれました。

彼らの就職内定お祝いや、卒論の打ち上げができていないけど、これは、博士課程の学生の論文が通ったときに全てコミで、焼肉に行くことにしているので、少し、待ちです。

 

 

事前学習進行中で、1年で最も教育活動に時間を割く時期です。今は朝7時に大学にきて、夜は22時帰宅という感じで、やや、ハードです。ただ、学生側の4年生は、研究室からは開放されるし、帰宅も早いしで、研究室生活だけの時よりも今の期間のほうが嬉しいという感があるのを今までは時々感じていました。仕方ないか・・などと私も心の中では妥協している感があったのですが、事前学習中に、「腎臓病の薬が出ている患者さんへ、ドクターが常用量でバンコマイシンを処方してきても、学生は処方箋をみて、そのまま調剤した。大学の教育が足らなさ過ぎるから、すぐに、どのような教育をしているか見せに来なさい」と、実務実習先から電話があって、その日に実習先へお詫びに行った例を話しました。

 

そうすると、1人の学生から、「今は事前学習だし、来年の実務実習に行っても、まだ、学生と思って周囲は見てくれるかもしれないけど、3年後には、他人の命を預かるようになると思うと、研究室にいるよりずっと緊張します」

と、いってきて、毎年の事前学習に流されていたけど、初心にもどった気がしました。

 

今日は1限から5限まで、フル出場です。

 

 

 

 

 

2017.11.09 Thursday 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 83 PAGES | >>