薬学部の行く末は・・明るいかも

0

    甥(妹の子供)から、大学入学式の写真が送られてきました。私は、直接、本人と話しはしてないけれど、理系で、どちらかといえば、物理より生物のことがしたく、将来は製薬企業で働いて、新しい薬をつくることに携わりたい、との夢を両親(私の妹とその配偶者)にいい、高校の先生とも相談して、薬学部でない学部へ進学しました。物理や化学や生化学やらと薬学部では全部やっていて、研究室に入る4年生までは、専門らしいことができないので、最初から生化学1本でいきたいとの考えだったとのことです。

     

    今の18歳は、こう考えているのか・・と、感じた次第です。

     

    私は物理も化学も生物も、ついでに地学も理科一般が好きだったし、薬学部に行ってよかったと今も思っています。結果として、生物系の研究室に入り、今は薬理系や臨床系とよばれる分野で研究をしています。薬学部だと、人体のことも一通り勉強するし、薬の作用を調べるにも、これは、化学構造式をチェックしなければ・・と、思えるのは、薬学部で全てをやってきたからだと思います。高校までとちがって、何もかもを知っていなくても、あれ?と、感じる感性、そして、その時に誰に聞けばいいか、どこで調べればいいかを、キャッチできることが重要で、最終的に人間の人体に投与される薬に関係する研究をするのに薬学部は良いと思います。

     

    いずれにしても、これから、大学と思うと、羨ましい気持ちでいっぱいです。

    母親である、私の妹は、7割の学生が大学院へ行くらしいから、本人が行くというなら、行かせざるえないから、これから6年は授業料がいるのね、ふーと、いっていました。

    そこから、さらに3年とか4年とか博士後期課程に行くと、甥はいうのかなあ・・・。

     

    この4月から、大学に進学される方々とも、充実した大学生時代をお過ごしください。人生で自由で、楽しい時だし、一生の友達ができます。ここまでは、大人は同じことをいうだろうけど、私としては、修士とか博士の大学院時代のほうが、楽しく、感じたんだけど。

     

    春ですね。

     

    絶賛、執筆活動中です。

    教科書は総説を書くと、自分が専門のことでも、勉強しなおして、新しいことを知ったりして、得ることが多いです。

     

     


    28年度も本日で終了!

    0

      薬学会が終わってから、昨日まで総説の締切に追われ、現在はある教科者の執筆中です。病院から、薬学部にうつって、春休みや夏休みがあるのが珍しかったけれど、大学院生も教員も休みモードになっているのは、今だに慣れない感があります。事務の方々も、異動が多いようです。私は、年度末の書類を作成しつつ、書き物に邁進していますが、本当なら、皆がいない今の間に、実験するといいんだけどな。

       

       

      同門の後輩が、国立大学の教授になられ、そのお祝い会の日本料理店では、旧暦のお雛様がありました。自分の周囲から、昇進される方がいるのは嬉しいことです。

       

       

      今年も私の実家のお雛様は出されなかったようです。3月1日に母に電話をしたら、これから、エジプトに行くとのこと・・なので、来年ね・・・とのことでした。自分で出せばいいのだろうけど、実家のどこに片付けられているのかも知らず、母と一緒に出し方や片付け方を習いながら、作業したこともないので、全く何も知らないままです。18歳で大学で、家を出たことの弊害の1つかもしれません。

       

       

      薬学会で、仙台のゆるキャラ むすび丸らしい

       

       

       

      薬学会に行っても、忙しいとか、大変とか、後ろ向きの話が多かったような気がします。

      今年は、まだ、論文が1つしか通っていず、リバイス中が1つ、リジェクトされて3カ月放置中が1つ、投稿寸前が1つです。これでは、だめだなあ・・と、感じているところです。

       

       

       


      事前学習(臨床前実習)

      0

        11月2日から12月1週目までが、私たちの担当です。

         

        月曜日から木曜日まで朝から夕方までです。薬系では、事前学習をするための教員が採用され、それなりに大変なのですが、私は助手のときに、分子生物学研究室にいたので、基礎系の研究室の学生実習も同じくらいに大変だと知っています。基礎系のほうが、深さもあるし、きちんとエビデンスにもとづいて説明をしていたように思います。

         

         

        本物の医薬品を扱うこと、また、医薬品が年々変更されること、そして、学生への演習問題は、ある程度、限られた範囲で作成しないといけないこと・・(本当に病院であった症例をもってくると、4年生の学生では、知らない薬が多いこと)。そして、私も医療現場を離れて、7年たつので、状況がどんどん変化していき、それについていけないこと・・・。その対策に、今年は富山県内の薬剤師の先生に講師をお願いしたコマがいくつかありました。

         

        研究室も、教員全員が出払う時間が長く、研究室がからっぽになることも多い時期になります。

        あわせて、共用試験の準備もしているので、朝7時半に大学にいき、夜の帰宅は11時半という日々です。

         

        でもしかし、来年、学生が実務実習に行くと、学生は事前学習は無駄だった・・・などとコメントするので、ちょっとつらいかな。旧課程で臨床前実習がなかったときは、軟膏板と軟膏へらの使い方も、薬袋も、患者にインタビューすることも何も予備知識をもたずに2週間の実習に行っていたので、それと比べるとずいぶん、大学での教育も充実していると思っています。2年後の改訂コアカリからは、まだ、現場では十分にやれないバイタルサインなども、大学で教えることになるので、勉強しなければと思っているところです。

         

         

         

         

         

         

         

         

        いつの間にやら、クリスマスシーズンとなり、今年もあと1月ですね。

        現在、投稿中の論文が1つ、リバイス中の論文が1つ、今年中には通りそうにないので、今年は4報でおわりそうです。来年こそは・・です。

         

         


        海外へのお土産

        0

          海外の方へのお土産って、皆は、どうしているのだろう・・・。

           

          以前は西陣織の、ランチョンマットとか、扇子とかを主にしていましたが、近々、訪問する折には、少し、重厚感のあるものを・・と、思っておりました。

           

          井波の木彫りを見に行ったけど、予算的に厳しく、木彫りやめて、以下の絵にしました。

           

           

           

           

          金沢の金箔なので、厳密には富山のものではないのですが・・これで、立山連峰を描いたものがあれば・・と、思いましたが、鶴にしました。

           

           

           


          楽しいことを考えよう

          0

            事前学習がはじまっており、1年で最も、教育関係に時間をかける時期です。研究は、自分のペースで組み立てられるけど、講義や実習はその時間に必ず実施しなければならないので、体調管理や準備も余裕をもってやらないといけないので、ナーバスな私としては、心理的な切迫感を感じます。夜の眠りも浅い気がします。

             

            そこで・・・昨日、用事があり、富山の唯一のデパートの大和(だいわ)に行ったときにスタバに寄りました。スタバ・クリスマスマグカップです。

             

             

             

             

             

             

             

            このパッチワーク感が私好みです。

             

             

            スタバは袋も季節でかわるし、毎年、ちがうので、楽しみです。

             

            ときどき、この売り出し戦略をたてる方って、どれくらいの人数で、どのような方がやっているのかなあ・・と、思うときがあります。

             


            to do リストをつくること

            0

              大学の教員をしていると、電話があったり、来客があったりで、自分が集中していることが、途中でとぎれることも多いです。

              なので、土日は、結構、稼ぎ時です。

               

               

              先週末の土曜日は、12時間がっつりと集中して書き仕事をしていました。重要なことほど締切の少し前に、物事を終らせておくと、緊急だけど重要性の低い仕事との折り合いがつかなくなって、崩壊するのが防げます。

               

               

               

              12時間、まったく休憩せずに、ずーとつめていたので、体ががちがちです。私が最近、気に入ってるのは、アユーラの入浴剤です。私は左側のオレンジジンジャーが好きです。

               

               

              ちなみに12時間でしたこと・・・科研費2つ仕上げ、論文レフリー、採点、卒業論文1つ校閲、博士論文1つ校閲、出張報告書2つ、国際学会招聘者の租税条約の書類の作成、学部より依頼されていた改訂コアカリの内容一覧、論文1こ添削、事前学習の新規課題作成、共同研究者とのskype会議、動物実験計画書の作成、いただている研究費のプロダクト文章、研究費の申請書の作成・・

               

              結構、がんばったな・・と、思います。To Do リストをつくって、消していくと、それほど、心理的重圧がなく、やれます。Todo リストをつくのは、おすすめです。また、改めて、書きたいと思いますが、緊急度と重要度のたかい事象は、異なるので、締め切りに追われて、重要なことが手薄になるのは避けたいものです。

               

              極端な例としては、論文投稿は、私たち科学者にとって、重要なものですが、締め切りはないです。だから、締め切りのある学会発表は年間に何回もして、学内のいろんな用事や教育はやっていても、論文は書いてないというパターンの方がよくいます。超一流雑誌狙うのに、書いて投稿して、修正してを繰り返して3年くらい論文がないなら、それは、期待できる部分もありますが、3年間書いてないなら、もう、その人はダメでしょうねえ。ラボの上司が発破かけてくれている時が最後のチャンスで、それからは声もかけてもらえなくなります。私は、身近にそんな人をかなりみてきました。

               


              同窓会 愛知県支部

              0

                 

                10月2日のまだ、少し残暑が残る時期に所属大学学部の愛知県支部に参加してきました。

                名古屋の方なら、誰もが知っているこの人形の前のホテルで開催されました。

                 

                 

                愛知県支部では、今年、勲章を受けられた方もいて、同じ大学に所属する者として、大変、嬉しかったです。

                 

                どの大学の、どの地域でも、同窓会への参加率が悪く、同窓会の通知への返信もないことが多いようです。若い世代は、色々と忙しいこともあるでしょうが、返事くらいはしたほうがいいかと思います。

                 

                薬学系とか、薬剤師は卒業大学を明らかにすることも多いので、よりいっそうです。


                夏休みですね!

                0

                  私たちの大学では、1週間の一斉休暇が決まっていて、この間は、教員も原則休みです。もちろん、実験や締め切りの迫っていることがあって出てきている教員もいます。しかし、事務の方も一斉休暇ですし、郵便も私たちの手元に届かなくなるので、じっくり書き物をすることは可能ですが、他のことをするとなると不便なので、休む方が多いようです。

                  特に今年は、今日が休日なので、今日から11連休にすることも可能です。

                   

                  私の教室は、一斉休暇は基本休みで、その他は、行動実験などの実験の継続性もあるし、学生によってはクラブへの参加もあるので、申し出制にしています。一斉休暇を含む2週間で期間を限定している研究室もあるし、壁にカレンダーを張り出して各自記入して、トータル10日としているところもあるようです。研究室の夏休み・・・・というのも、学外の方からみたら不思議なシステムかもしれません。

                   

                   

                  ランチは普段は、教授室で軽いものを食べて終わなのですが、今日は祝日ということもあり、呉羽の絲Cafe で、フォーを食べました。

                   

                   

                   

                   

                   


                  JSPSの2国間交流事業

                  0

                    日曜日も終わりつつあります。

                     

                    JSPSの2国間共同研究の申請書の段取りをするために自宅で、やはり書類作業をしています。

                    すでに共同研究をしている方との申請だし、今年も来日される海外の方なので、作業はスムーズです。

                     

                    ところで、それに採択された場合、海外のほうは年間4,000万円で、それが3年間が上限になっています。1億2,000万円!なので、大型グラントといってもいいと思います。先方から、誘ってきたのですが、Let's get money!!  となっていて、それほど大型という感じの表現でなかったので、公募書類をみて、ややびっくりしました。先方は、平素はドイツ語をつかっていて、もちろん、私とのやりとりは、英語なので、そのあたりの興奮具合をメールで理解しあえてないのかな・・・・と、思ったり、海外は自分やポスドクの給料も、光熱費はもちろん、研究室の家賃も研究費から払うから、これくらいの額も、まあ、普通・・ととらえているのかもしれません。一方、一方ですよ、共同申請をして、採択をされても、私の日本側は、年間200万円最大の、最長2年とのこと・・。お互いが訪問する時は、飛行機代は訪問者側の負担で、滞在費は受け入れ国の負担で、しかも、日本側は予算の半分は旅費とすること・・となっていて、研究費として使える額は、日本側は最大年間100万円です。4,000万円と比べると、驚愕ですが、でも、海外の方と私を含め研究室のスタッフや学生がやりとりするのは楽しいし、ご縁ですし、財産なので、採択されるといいな・・と、思っています。

                     

                    さらに、相手側の研究者(女性で3名の子供を育てつつ、Nature とかIF10超えの論文もだしているのは、本当にタフです)は、来週から、2週間の夏休みとのことです。ふう・・・・。休むことに臆病な私も何とかしなかればと思う次第です。

                     

                     

                    ソウルでは、会議等が多く、帰国後は心が少し疲れていたのか、本日は朝8時まで寝てしまいました。本当に久しぶりに、パートナーと喫茶店でモーニングして、新湊へ、お刺身の買出しにいきました。きっときっと市場で、魚をさばいてもらい、今夜は、赤鯛とこちのお刺身でした。ほっとできました。午後からは、クーラーを強めにかけた部屋で、書き仕事です。

                     

                    新湊で、昨年の冬に網にかかった、ダイオウイカ(大王烏賊、学名: Architeuthis dux)です。

                     

                    蛍光灯の光がはいってしまって・・・


                     

                     


                    医学薬学祭

                    0
                      本日と明日は、自分が所属しているキャンパスの学園祭です


                      自分が学部生だったときは、あまり参加もせず、友人と旅行したりしていましたが、4年生で研究室に入ってからは、毎年のゆに模擬店をだしてました。思い出としては・・・各自のお米をつかったおにぎり(元でが只といえば、ただ・・)、スーパーで4袋100円の中華麺をいれて、そばめし(ソースやちょとした具もいるけど)、そのころ、なぜか、卵が1パック38円だった(1個3.8円)なので、トッピングで、目玉焼きを乗せるとそれだけで、45円の儲けとか・・。きわめていたのは、北海道で、じゃがいもを実家でつくっている方から大量に、じゃがいもを送ってもらって、それをオートクレーブでふかしたものとか・・今、思うとあれは、大丈夫だったのかな・・研究室模擬店で、10万円の利益がでたこともありました。


                      今の所属大学では、研究室では模擬店はしないで、サークルの方々がいろいろされています。



                      チーズふらい




                      はしまき・・・私ははしまき・・って、富山にくるまで知りませんでした。


                      いずれも、おいしかったです。



                      管理者のこと


                      現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。

                      私への連絡


                      プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。

                      みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。


                      categories


                      archives


                      comment


                      • 大学院生として生きるということ
                        管理人
                      • 大学院生として生きるということ
                        kn
                      • バドミントン大会
                        やす
                      • 恩師の逝去
                        佐代子
                      • たかが卒論、されど卒論、たかが修論、されど修論
                        とうゆうのママ
                      • 恩師の逝去
                        秋風
                      • 部下が全員働くママになったら、私の残業時間が減ったという話
                      • ソフトボール大会
                        どてかぼちゃ
                      • 研究室に配属された学部生の方へ つらい時、しんどい時、読んでください
                        管理人
                      • 研究室に配属された学部生の方へ つらい時、しんどい時、読んでください
                        一歩

                      recent trackback


                      profile


                      書いた記事数:790
                      最後に更新した日:2017/04/17

                      mobile


                      qrcode

                      powered


                      無料ブログ作成サービス JUGEM