名古屋にて 出張中

0
     班会議・・・年間の研究成果報告会・・・・で名古屋にきています。


    いつものことながら、きりぎりまで、スライド作って、報告書つくって・・・研究室の准教授や学生には、本当に助けていただきました。自分が准教授時代は、1人で全てやっていたけど、やはり、話し合いながら、ディスカッションしながらやっていくと、随分よいものになります。たのもしい限りです。



    名古屋には、大学院時代の5年、助教授になって2年半してからの5年間住みました。


    自転車で、パルコや松坂屋に行けて、便利で楽しかったです。
    コンサートとかも、全国3か所や5か所の時は名古屋も含まれるので、色々楽しめました。
    地下鉄でたいていのところに行けるもの良かったです。


    身近にいた名古屋出身の方は、『名古屋は広大な田舎だから』と、いっていましたが、確かに、車で30分走ると緑豊かな地域になります。

    驚きは、旧帝大である名古屋大学の学生が愛知県や東海地方出身生が多いこと、さらに彼らが地元に残りたいという意識をもっていること・・・みんなが、赤みそが好きで、味噌煮込みうどんと味噌かつを愛していること・・いえ、いいすぎです。ごめんなさい。私も味噌煮込みうどんと寿がき屋のラーメンと矢場とんのとんかつは好きです。



    味噌煮込みうどんは、名古屋で食べるようなものしか知らなかったけど、富山に行って、味噌煮込みうどんを注文したら、合わせみその豚汁の中にうどんが入っているものがでてきて、猛烈に驚きました。

    鉄板に薄焼き卵をひいて、その上にイタリアンスパや焼きそばを載せたもの・・あんかけスパ、
    喫茶店で午前中にコーヒーを注文すると、トーストやゆで卵が同じ値段でついてきて、さらに、ヤクルトやフルーツや茶わん蒸しがついてきたり・・名古屋の名物です。

    年に数回、名古屋にきてみて、・・少し、ほっとしている自分を感じます。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック


    管理者のこと


    現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。

    私への連絡


    プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。

    みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。


    entries


    categories


    archives


    comment


    • 大学院生として生きるということ
      管理人
    • 大学院生として生きるということ
      kn
    • バドミントン大会
      やす
    • 恩師の逝去
      佐代子
    • たかが卒論、されど卒論、たかが修論、されど修論
      とうゆうのママ
    • 恩師の逝去
      秋風
    • 部下が全員働くママになったら、私の残業時間が減ったという話
    • ソフトボール大会
      どてかぼちゃ
    • 研究室に配属された学部生の方へ つらい時、しんどい時、読んでください
      管理人
    • 研究室に配属された学部生の方へ つらい時、しんどい時、読んでください
      一歩

    recent trackback


    profile


    書いた記事数:790
    最後に更新した日:2017/04/17

    mobile


    qrcode

    powered


    無料ブログ作成サービス JUGEM