CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

CATEGORIES

archives

管理者のこと

現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。

私への連絡

プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。

みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。

2015.09.20 Sunday

神経化学の若手研究者育成セミナー(第58回日本神経化学会大会)

0
    私のメインの学会の1つである、神経化学会では、現役の大学院生からポスドクを中心参加者として、若手研究者と一緒に夜、セミナーをして、その後、朝方まで飲みながら親睦を深める会があります。朝方とはいっても、お酒が飲めない方は飲まないでいいし、私もそうですが、日のかわらないうちに引き上げる方も大勢います。
    なかなか他大学の先生と気軽に飲み会をする機会は少ない貴重な経験になります。私は、今回は講師として参加しましたが、他大学の、少し分野が異なる先生方と、じっくりお話ができることはよかったです。しかも、このセミナーへの参加学生は、宿泊料などの援助もしてもらえます。数年前には、宿泊費、食事費、参加費と全てが無料だったこともありました。

    学会の理事などの役職についてられるシニアの先生は、若い学生たちのことを、真剣に考えくれていることを知ってもらえるといいな、と、思います。

    学生の方は、ぜひ、1度は、育成セミナーに参加してみてください。来年は、福岡です。

    中心になってしきってくれた方も助教クラスの方で、さぞ、大変だったと思います。お疲れ様です。でも、いろいろな方と知り合え、いろいそな経験をして、勉強になったと思ってもらえたら、うれしいです。私は、一講師として、お世話をいただいていた側なので、何もいえる立場でないのですが。

    このセミナーのFBが立ち上がるようですので、楽しみです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック