今回の学会で・・ポスドク問題再考

学会会場のある地下鉄の駅にあるオブジェです。

 

 

今回の学会で、多くの知り合いと、立ち話をしました。多くの方が、研究が楽しくて・・やりたいことが湧き出てくる・・と、いってられて、うらやましく感じました。私も、研究が楽しいことは間違いないのですが、あれをやるには、あの機械がないし。。あれを買う余裕がないし、あのテクニックは、学部生にマスターさせるには大変だし、だからといってスタッフは家庭があるから、共同研究先への長期滞在は嫌がるだろうし・・・などと、ストレートにやりたいことを口にできないときがあります。教授になれば、やりたいことがやれると思ってたけど、100%ではないなあ・・と、思うこのごろです。でも、私の研究環境は、日本の中では、随分、恵まれているようです。

 

 

少しだけ、元気そうでない人、落ち込んでいる人もいて・・・

多くがポスドクの方でした。ポスドクで、がんばって業績をあげれば、パーマネントポジションがとれる・・と、思っています。でも、なかなか、そう単純でもないようです。女性でポスドクをしていて、その間に出産があって、更新されなかった例、ポスドクの最中にパーマネントの話があったのを、ポスドク雇用者へ義理立てをして断り、最終的にポストがなく困っている人、一番、よく聞いたのは、ポスドクの自分より、同じラボ内のパーマネント助教や准教授の怠惰を非難する声でした。他人を非難するのは良くないよ・・と、私は対応したのですが。

 

私が30歳前後だった時に、医学部の臨床実習をアメリカでしている日本の医学部生と食事をする機会がありました。その時に、アメリカ人は、レジデントのころは早朝から深夜まで働くけど、テニュアのポストがとれたら、そんなにガツガツ仕事しないから、人生全体をそうやってバランスをとっているんだよね・・と、いっていたのを思いだし、日本もそうなったのかなあ・・と、感じました。

 

研究者という仕事も、日本では、岐路になっていることを感じました。

 

 

 

 


コメント
女性は、パーマネントでも結婚できないとか出産できないで仕事だけ成功って人はむしろポスドクで結婚出産している人よりも下という見方をされることがあります。育児や家事の負担がないんだからその分の時間を仕事に回せるのだから、休みなく働くのが当たりまえ、雑用も引き受けて当然と。研究職うんぬんよりも人として女性として劣るというか・・・
  • 元気なし
  • 2016/07/13 8:48 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
管理者のこと
現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。
私への連絡
プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。
みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。 **selected entries**
**categories**
**archives**
**recent comment**

**recent trackback**

**search this site.**

**links**
**profile**
**others** **mobile**
qrcode
**powered**
無料ブログ作成サービス JUGEM