<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

部下が全員働くママになったら、私の残業時間が減ったという話

[ 雑感 ]

twitter で 幾人かの方から流れてきました。

 

http://koto1.com/archives/1684

 

要約してみると・・

 

自分が課長で、部下2名ともがワーキングマザーという環境になったとき、

1、子供は常に体調を崩すことを覚悟

2、前夜から、長男発熱中・・・と、ラインで情報共有

 

 

だから、突発的な休みがあっても、仕事に影響をでないようにした

 

働くママの特徴

1、スピードがとにかく速い

2、業務の改善案が大量にあがる

3、段取りをつけるのがうまい

 

メンバー全員が働くママとなり、課長(この記事を書いている男性)がボトルネックとなった

 

1.自分の目の前にチェックすべき資料や承認すべき書類がつみあげられる。

2、だから、会議をやめ、朝の数秒打ち合わせをして、効率化をする

3、スケジュール確認をする

 

 

ワーキングマザーは時短勤務で、残業はできない

1、優先順位一番が何かを明確にする

2、保育園の面談など前もって、休むことがわかっている時は、仕事が重複しないように周囲との調整をする

 

ここは経理課らしいが、他から希望された仕事(データが欲しい等)は、何に使うかを確認し、自分たちの手間が最もかからないか加工度の低いものでリリースする。また、使うかどうか不明な資料などは、本当にいる時に要請してもらう(・・でも、これは、本当に必要なときは、きちんとしてくれる・・という信頼関係がないと駄目なんだろうなあ・・と、私は思いました)

 

3、意味のない即日支払い依頼はやめてもらう(経理ですから・・)。これは、社内の方を納得させるだけの平素の働きを見せておかないといけないって、ことだよね・・と、私は思った次第です。

 

半年たって、この課長の残業時間が月70時間から10時間にへったらしいです。

そうすると当然のことだけど、睡眠時間が確保され、食生活が整い、風邪ひかなくなり、体調がよくなり、仕事の効率もあがったそうです。

 

これは、経理という仕事であることもあるだろうけど、私たち研究者も同じで、あと2時間は早く帰れるだろうようにすることはマルチタスクの能力かもしれません。

 

 

 

 

2016.10.28 Friday 19:23 | comments(1) | trackbacks(0) | 
<< ソフトボール大会 | main | 大学の同級生の死 >>
? (2016/10/31 8:51 AM)
ワーキングマザーじゃなくたって、効率良く計画、実験とこなしていけば2時間早く帰るのだってできますよ。しかし、研究者たるもの終わりがないのが当たり前、実験が終わっても論文読むとかあるだろう(家に帰っても出来るのに)という理由で特に独身だと早く帰る意味がないと言って遅くまで残るのデューティー化する教授にはどうかといつも思っています。