高校での薬物乱用防止教室

0

    各地で大雨での災害のニュースがもたらされており、心配をしています。災害にあわれた方々のご無事をお祈りしています。

     

     

    地域の高校へ薬物乱用防止教室の講師として、講演をさせていただきに行きました。

    小学校から高校では、在学中に1回は薬物乱用防止の講義を受けることになっているようで、薬物依存の研究をしている私に例年いくつかの高校からお声かけをいただきます。

     

    いつも高校を訪れて思いますが、高校生がクーラーのない中で、きちんと、体育座りをして講義を聞いているのには、とっても、感激します。廊下ですれちがう時に、必ず、こんにちは、と、挨拶をされるのも感心しました。

     

    高校球技がお兄さんだと思っていたのが、同年となり、少し後輩となり、今では30歳も年下です。自分が高校生のときには、早く大人になって独立したいと思っていましたが、今の年齢で高校生をみていると、多くの可能性をもっていていいなあ・・と、感じました。

     

     

    今年の7月の富山は猛暑が続いています。

     

     

     

    こんな原風景があるのって、富山って、ステキだと思いませんか。

     

     

     

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック


    管理者のこと


    現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。

    私への連絡


    プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。

    みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。


    categories


    archives


    comment


    • 薬学部の行く末は・・明るいかも
      薬也
    • 大学院生として生きるということ
      管理人
    • 大学院生として生きるということ
      kn
    • バドミントン大会
      やす
    • 恩師の逝去
      佐代子
    • たかが卒論、されど卒論、たかが修論、されど修論
      とうゆうのママ
    • 恩師の逝去
      秋風
    • 部下が全員働くママになったら、私の残業時間が減ったという話
    • ソフトボール大会
      どてかぼちゃ
    • 研究室に配属された学部生の方へ つらい時、しんどい時、読んでください
      管理人

    recent trackback


    profile


    書いた記事数:800
    最後に更新した日:2017/07/20

    mobile


    qrcode

    powered


    無料ブログ作成サービス JUGEM