<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

新しい向精神病薬をつくるために

20〜23日での東京出張は、PPPというのに行ってました。

これは、CINP向精神薬サミットともいい、私が活動している学会の1つである日本神経精神薬理学会の国際本体が運営しているものです。アカデミアと企業と政府が一体になって、向精神薬をつくっていこうというものです。

http://www.sankei.com/life/news/150421/lif1504210025-n1.html

新聞にも掲載されました









病気発症自体の原因がわかっていないところ、動物で、近いモデルをつくって、それで試してみる。動物で、現在の法的なところがクリアできたら、臨床研究へ・・・やはり、患者の診断をする医師、病域のメカを考えている研究者、患者に効果のある化合物を考える企業・・・今まではそれぞれで研究をしていたのを、協力体制ですすめていこう・・というものです。ちょうど、AMEDも今年、たちあがったので、日本発の薬を・・です。




今回は、東京医科歯科大学で実施されたのですが、東京駅からのアクセス、そして御茶ノ水駅からのアクセスと、こんなに便利なところもあるのだな・・と、思ってしまう場所でした。さらに、大学の横に東京ガーデンパレスホテルがあり、そこからの風景もすてきでした。



 
2015.04.26 Sunday 14:01 | comments(2) | trackbacks(0) | 

いざ 出陣 薬剤師国家試験!

明日になりました!
もう祈ることしかできないけど。

薬剤師になる人は、絶対に必要なんだけど、あまり肩に力をいれすぎに、いつもの力を発揮する。

研究にすすもうと思っている人も、現役のいまとっておかないと、後でとるのは、それなりに大変だから、よくよく問題を読んで、何とかする。


じっくり文章を読むこと、あわてないこと。


祈っています。



今回は記念すべき第100回です。合格字発表は3月27日(金曜日)で、薬学会の最中です。私大の先生は、どこか一室に集合して、合格率を確かあったりされているようですが、国立大学(少なくとも、私の所属大学)は、何がおこっているかを知らない教員もいたりして・・・いえいえ、みんなが合格することを祈る気持ちは一緒です。
2015.02.27 Friday 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 

教授退職記念パーティ

私のような若輩者をお呼びいただけることは、大変、光栄です。

教授退官パーティといっていたのが、国立大学法人化にともない、退職パーティーというようになったけれど、先週末に出席させていただいたのは、退任となっていました。


自分が准教授の時に、上司の教授の退職パーティーの事務局長をしましたが、退職する年度に大きな学会を2つ主催され、3月にあったほうの学会と連続して400名をお招きしての退職パーティーでした。先週末の会に参加されていた方の中にも、私の上司の退職パーティーに出席されていた方が何名もいて、あの時は大変でしたねえ・・。最後のほうはお疲れで声も出てなかったですよね・・。と、いっていただいたりして、他人はみてくださっていることに驚きでした。


教授を20年くらい、または、それ以上もやっていくって、大変だと思いませんか。
私たちのウエットの実験分野だと、年間、それなりに(ここに金額を書くと驚かれるでしょうが、自分の年収以上の研究費が必要です。最悪、どうしようもなかったら、貯金を差し出すか・・くらいは私は思っていますが)研究費をかせぎ、今の時代は学生が自分で就職活動をすることが多いとはいうものの薬学系は就職についても教授が手伝うことも多いです。学生だけでなく、スタッフのプロモーションも考えていないといけません。講義をして、試験をつくり、大学の管理にも携わり、大学から申請するGPなどにも関与します。自分のアイデアをもって実験をして、または、させて、新しいことを見出し、データの正当性をみて、をきちんと論文にしていき、私の場合だと、OSCEや実務実習やら年々変化あるものも担当し、これらは、きちんとやれて当たり前ですし(もちろん、学内には入試など、もっとプレッシャーのかかることをしている方もいます)・・を、20年以上も繰り返していかれた方々です。退職パーティーって、大切ですよね。その方なしには、その分野や大学は異なった方向に進んでいたでしょうから。同じ大学の同じ学部の教授の退職パーティが1日に2つ、3つある時にも、たいていの先生は、少しずつ全てに参加されますし、学外の教授で海外出張予定でも、空港から直接来て、遅れるけど少しだけでも・・と、いわれる方が自分が事務局をした時に大勢いましたが、その方たちのお気持ちが分かるように思います。

教授のいっていることなーんて・・と、思っている学生や、准教授や助教の方々も思いやりの気持ちで一度、みてあげてください。私自身も、そんな思いやりを、教授になる前にもてたら、いろいろ違っただろう。。と、思います。


会場でいただいたお花です。
不謹慎ではありますが、今月に3回ある退職パーティーは、参加者が重複しているので、違うスーツを着ていかねばと、まるで、20歳代後半から30歳くらいの結婚式ラッシュの時のような会話が女性の間ではささやかれておりました。

退職された先生が、ずっと、ご健康で、充実した日々を送られることをお祈りします。
主催された准教授の先生方、お疲れ様でした。
大学関係以外の方がこのプログをご覧になって、誤解をされるといけませんが、このようなパーティーは、参加者や退職する先生の私費でまかなわれていて、税金は全く使われていませんからね。
2015.02.10 Tuesday 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 

グローバル化って、自分と違う文化を持つ方の気持ちを理解すること

スーパーグローバル大学創成支援事業というのがあり、審査結果が公表されています。
旧帝大という表現が正しいかどうかは、別としても、いわゆるトップ大学というところは、タイプAで採用され、5億円の予算規模のようです。タイプBは、入学定員が1,000人未満でも2億円規模の予算のようです。

春先から、申請書書きが大変だ・・・万一、あたった時は大変だ・・と、他大学の先生からは、何人もから声を聞いていました。私の所属している大学は、どうするのかなあ・・などと、一教授でしかない私は思っておりましたが、いろいろな理由があったのだと思いますが、申請をしなかった模様です。


地域に根ざす大学として、それはそれでよいのだろうし、私が申請書を作る(作文をするだけでなく、内容に関係するところへ根回しをすることも含めて)能力もないので、何かの意見をいう立場ではないです。


今回の一連の長期出張の一部では、外国人の方を、JSPSの招聘事業でおよびして、学生たちは、研究の話をしたり、観光にいったりしていました。来週からは、私たちの持っているマウスを使いにオーストリア人の方3名がきます。5億円あるといろんなことが、もっとできるだろうけど、一研究室として、海外の方と共同研究をしたり、学生がSNSでつながっていれたりすることで、自分とは異なる国や文化のことを知っていくことがまず、一歩と思っています。

JSPSの招聘事業は、申請書の作成や手続きは、私がしましたが、助教の先生が、多くの部分をフォローしてくれて、助かりました。このようなことが、今の教員評価システムには、点数にならないので、かわいそうかな・・と、思うところもありますが、日本にしがみつかなくとも、研究はどこでもできるという気迫を持ちながら、平素の研究活動にいかしていってもらえたらな・・と、思っているところです。

事前学習中は、昨年までは、他のことは手がつかない空白の期間でしたが、今年は、他の方たちが支えてくれていて、少しだけ余裕があります。論文カキしながら、本日はPC乗り換え作業です。長期出張に行く前の9月22日ー24日くらいに前のPCがクラッシュしかけ、ひとまず、教室内の他のPCの乗り換え、出張中に新しいPCを注文し、しかし、そのまま放置となり・・。昨日から本日と乗り換え作業をしていますが、まだ、終わらない模様です。


このブログ投稿は、はじめての新しいPCからです。



金閣寺は、外国人からは大人気です。



 
2014.10.26 Sunday 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 

忘れた頃にやってくる

ものは、天災のはずなのですが、ここでは、コンピューターのクラッシュと続けます。

先週末にコンピューターの調子がおかしくなり・・突然のフリーズとか、起動しないとか・・
これは、危ないかも???と、バックアップ作業です。


今は、デスクトップを使っていますが、このPCの前までは、ずっと、Let's Note をつかっていて、研究室、出張先、自宅とすべてを1台で賄っていました。このころは、3年に一度の割合で買い替えていましたが、デスクトップはもっともつはず・・と、4年使っていましたが、4年半のところで・・こうなりました。


皆様、バックアップをまめにとって、お気をつけください。



今回のバックアップに活躍した外付けハード2台。一台は、何もはいっていないものを準備するようにしてはいました。



 
2014.09.23 Tuesday 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ジロウ先生からのコメント

教授や、それ以外の教員についても、どうやって選んでいるんだろう??と、一般の方は思っていると思います。
教授は、たいていは公募になりますが、それについて2つ前に、記事にしました。

その記事について、ジロー先生という方からコメントをいただきました。


*************コメントはここから*************
こんにちは
初めてコメントいたします。
大変興味深く拝読いたしました。
「いい人では研究者をやっていけない」
競争社会ですので、確かに他人を押しのけ、やっつける戦闘的な人が残る場合もありますね。
私たち「人事選考する側」研究者が気を付けなければならないのは「学生を不幸にする、つぶしてしまうような人」 は、絶対に教授にしてはいけないということです。
ひどい例をたくさん見てきました。
残暑まだもうひと押しありそうです
先生もご自愛ください。
ジロウ
**********引用はここまで*******************


ジロウ先生のブログも、とっても、おもしろく、一気に読んでしまいましたが、まだ、読破できておりませんが、すごく、深いです。
学生を不幸にする、つぶしてしまうような人、が、教員選考の1回の面接でわからないというのが、私の実感です。もっと、人を見るめを養わねば。

放任で、休みもたっぷりあって、学生を怒ったりしない先生のほうが人気があることもあります。本当は学生を不幸にしているのかもしれないけど、場合によっては、学生は一生、そのことに気づかないかもしれません。

挨拶、返事、身だしなみ・・・そんなことまで、口を出して、さぞ、煙たがられているだろうなどと、思っております。
これからも、ジロウ先生のブログをブックマークして拝読いたします。









お土産・・・いつかは、仕事抜きで海外に行ってみたい・・


 
2014.09.02 Tuesday 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 

大学人の使命って?

昨日の記事にコメントをいただきました。
随分長い文章をお送りいただいたので、一部を、ここに抜粋します。
コメントを公開としていますので、全文は、そちらをご覧ください。


*********引用ここから************
例えば、今回にも登場している IF ですが、おそらく、Impact Factor だと思いますが、影響ある要素として論文の引用回数などを研究者としての評価とする指標になっているもののことだと思います。英字の略字などは、特に、判りにくいものがあります。できれば、簡単な説明があればといいな、と思っています。それから日本でのポスター発表などで、一般市民が見ることができる場所では、日本語によるものであると嬉しいのです。が、難しいことかも知れません。
*********引用ここまで************


的確なご意見ありがとうございます。
数日前の臨床家教員の記事は、今、読み返すと、すごく分かりづらいです。
IFは、その学術雑誌の引用回数なのですが、同じ1冊の雑誌の中でも、よく引用される論文もあり、されない論文もありをひっくるめて数字がでています。なので、最近では、被引用回数やh-index (http://ja.wikipedia.org/wiki/H%E6%8C%87%E6%95%B0) も用いられたりします。IFのほうは、私も厳密な数式は覚えていず、Thomson Reuters というところが毎年公表するものをみているだけです。
このように本質を理解していないものに、自分が振り回されていることを再認識しました。
次年度の研究費、ポスト、学生の奨学金・・・いろいろなものが、これに、大きく依存していることは、まちがいないのですが。

あの記事の中には、CNSという表現もでてきていますが、これは、Cell、Nature、Science という、IFが高い雑誌のことをさしています。これも、Nature、Science が、総合雑誌で、化学や情報学のような分野も含むのに対してCellは、生物学的な内容の雑誌なので、この表現も、おかしいなと、改めて思いました。


市民公開講座やポスターも、もっと、みんなに分かってもらえるように、これからも、がんばります。
秋に、公開講座を控えています。改めて、アナウンスしますね。


と、いいつつ、
お盆休みから、論文書きの没頭しているところではあるものの、現象論だけで、メカニズムにまで追求できていない内容なんだけど、でも、IFが少しでもいいところへと、思ってしまっております。



くどいところだけど、誕生日プレゼント続編です。

エナメルのトートバッグ



上においたカードは名刺と同じ大きさなので、かなり、大きいです。



トートだけど、チャックで中が見えないようになっています。
鞄好き、エナメル好きの私には、とっても嬉しいものです。





 
2014.08.28 Thursday 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 

北陸高度がんプロチーム養成基盤形成プラン (北陸がんプロ)

という、プログラムに参画しています。


これは、国のがん患者を減らし、がん患者への治療に従事する医療者のスキルアップをねらったプログラムです。

なので、医師、看護師、薬剤師、放射線技師なども対象としています。教育プログラムですので、それぞれの学部の大学院が主となり、地域の方へ、色々な教育プログラムを実施します。


薬剤師養成としては、薬学4年制の博士課程の学生と、すでに、薬剤師としてキャリアをつまれている方の両方を対象としています。イーラーニングが講演もあるのですが、北陸がんプロの目玉は、演習があることです。


この演習を8月4と5日に実施しました。
9名の方が参加してくれました。金沢大学の大学院生、石川の地域の病院薬剤師、富山大学の大学院生、富山地域の病院薬剤師の方々です。











これは、抗がん剤の混注練習のキットで中身は無害なものなのですが、こぼすと、UVをあてるとひかって、分かるようになっています。この練習用のものが3万円以上しますので、なかなか、各病院では、できませんが、がんプロでは実施できます。服薬指導も同じだけど、抗がん剤の混注も、他の病院や他の人がどのようにやっているのかを知る機会はほとんどないので、他病院の状況ややり方がわかることもメリットかと思います。




病棟で、このように点滴の機械をみますが、どのような原理なのかを薬剤師は知りません。どこで、どのように制御されているのかを自分の手で触って、確認します。病院の中では、薬剤師が点滴ポンプにふれることはないので、今までは、未知の領域でした。これで、病棟でアラームがなっていても、看護師さんを急いで呼びにいくのか、自分でアラームの音だけは消していいのか、判断ができるようになります。


写真はのせませんが、他にも、看護学科の先生から、バイタルサインの取り方を教えていただいたり、大学病院の外来化学療法を室を見学したり、医療統計の講義を聞いたり、レントゲンのみかたを習ったりします。


薬剤師は、いったん就職してしまうと、勉強会や研修会は多くあるものの、他施設での業務のこまかなところを情報交換するチャンスがあまりないので、いいチャンスと思います。

e-learning の受講も含まれて受講費は1,000円です。来年以降もしますので、北陸3県の薬剤師の方はぜひ、ご参加ください。

と、えらそうにいっていますが、この演習は、金沢大・富山大のがん専門薬剤師をもっている教員が準備や実施すべてをしてくれました。

 
2014.08.26 Tuesday 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 

嵐の前の静けさ

一から、論文を自分で書くのは、久しぶりなのだけど・・ワープロ機能になれてしまっていて、quality というスペルにワードで赤色波線が何度もでて、正確に打ち込めないショックを感じているこのごろです。



秋のシンポジウムの段取りをしていて、いろいろなところへメールを出す作業を昨日からしています。
研究成果が出ている教授や若い方でも、メールの返信が早く、明確という、当たり前のようなことに、納得しています。メールの返事って、いろいろな能力を反映しているような気がして、自分も気をつけようと思ったこのごろです。



大学院の試験が終わり、再試験問題をつくり、9月末に学会5つを連続出張するという(その間に、自分のシンポ発表が2つ、座長が3つ、学生やスタッフの発表ももちろんあり、加えて、間をぬって、同窓会の支部会での講演・・と、なかなか、すごい)作業を控えて、シンポのデータを確認し、10月からはじまる他大学講義の内容を確認し、事前学習は今年は准教授の先生がしきってくれているので、そちらの自分の担当分を確認し・・です。


嵐の前の静けさ・・で、論文を書いたり、自分のことをする時間がある、この1、2日です。


このブログをみていてくださると分かるかと思いますが、私は、研究関係のことが趣味のようになっていて、本当の意味での趣味がないです。同業者の他大学教授でダイビングが趣味の方がいて、その時の水中写真300枚をいただき、今、私のPCデスクトップは10分おきに、海中の写真がかわっていきます。ほらね。









2014.08.21 Thursday 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 

薬学部における実務家教員

最近では、臨床系教員という名称でも呼ばれています。



もうすぐ富山にきて5年になります。富山県にまったく縁のなかった私が富山にきたのは、自分の年齢やキャリアや色々なことを考えて、教授になれればと思った折に、ちょうど、今のポジションが公募されたからです。
学生や大学以外の方からすれば、教授は出世の1つの手段とお考えでしょうが、会社で皆が役員にならないのと同様に(なれないではなく、ならないです)、大学教員には教授にならずにいるという選択もあるわけです。でも、自分の考えで研究をすすめたり、研究費の採択を受けたり、学生の指導もポリシーを持ってやっていくなど、自由度高く活動するためには、教授になったほうがよいという判断を私はしました。ですから、教授になれれば、どのような大学でも、どのような条件でも良いというわけでなく、自由に研究ができることが絶対条件でした。

今のポジションの教授公募の折には、〔剤師としての実務経験を5年とする・・というのが、条件になっていました。加えて、大学院指導教員としての能力を有するものとするとなっていました。


後者△梁膤惘〇愼涯軌としての能力については、いずれの薬学系大学でも同様と思いますが、特定期間の論文数で最低限の規定をしています。過去5年で審査のある学術雑誌への受理論文が5報としている薬学部もありますし、生涯での論文数が15報としているところもあります。今、所属している大学では、これらの規定より、さらに、多くの論文が大学院指導教員になるには必要です。具体的な数字をここに書いていいものかどうかの判断ができないので、書きませんが、一般病院や保険調剤薬局で薬剤師としての業務に従事していると、かなり努力しないとクリアするのは難しいような数です。一方で、この条件がつけば、大学院生を研究室で迎えることができるし、研究活動ができるということになると理解していました。
私の場合は、前職は、大学病院薬剤部での教員だったので、教育や研究も使命の1つであり、成果を論文公表することがミッションだったので、それなりに論文数はありましたので、2つ目の条件と私が求めていたものが一致しました。


1つ目の公募要件であり、最初に紹介した実務家教員については、教職大学院や法科大学院でも、実際の実務を経験したことのある人を教員に加えるとの趣旨で、同様にいわれていますが、薬学部については、文部科学省が、このように、基準を示しています

リンクのページにご覧くだされば、分かりますが、薬剤師として、5年以上の勤務歴があること、大学の教育に参画していること、全教員の6%の数の教員数が必要なこと、が規定されています。

医学部や看護系学部多くの教員が臨床経験をもっていることに比べると、薬学部は薬剤師経験のない教員が大部分だった旧課程時代のことをかんがみ、このようになったと察しています。医学部を卒業した学生の98%が、医師として勤務(研修)するのに対して、薬学部では、製薬企業、行政、CRO、研究職とバラエテイにとんだ進路があることが大きな理由だったののが、6年制実施とともに、薬剤師養成の色合いを強めるために実務家教員の配置が必須化したのだと思います。

薬学部に限りませんが、教授には、すんなりなる方も大勢いるのでしょうが、昨今、私が耳にした話しでは、薬学部生物系の教授を公募したら100名応募があった、薬剤師免許所持を条件として薬学部薬理系の教授を公募したら30名の応募があった・・いずれも、私立薬学部で、6年制のみで、しかも、5年生の春に学生が配属され、5年生の間は実験不可で、実務実習終了後から実験を始めて、6年生の夏には卒論研究が完了し、大学院も有しない・・という研究成果を残していくには、かなりハードな環境にもかかわらずです。その上、CNSクラスの論文をもっている人も応募してきていたが、そんな高業績の人を置いておいて、その大学の卒業生が教授になった。などという話を聞くと、自分自身が良い研究業績を持っている上で、なにか大きな運とタイミングがないと教授になれない・・と、今も昔も思っていました。そうすると、この,鉢△鮓募条件にした教授選考は私にとっては、大きな運とタイミングでした。
私が教授になれたのは、多くの周囲の方の支えがあって、研究成果が得られていたことに加えて、大きな運とタイミングの賜物です。

ところが、制度ができて、9年目を迎える今になり、現役の薬剤師や、薬剤師だった方で現大学教員の方から、「実務家教員となると低くみられるから、実務家の枠に入らないようにしている」「実務家教員だと、大学内の運営に意見をいえないから、実務家教員には数えられたくない」

との意見を、複数、お聞きしました。

実務家教員のやっている研究よりも、それ以外の研究室の研究のほうが、値打ちがあるという意味かと思います。
お聞きした時は、悔しくかんじました。


少し、冷却期間を置いた今となっては、研究って、公表論文については、IFや引用回数で比較することができるけど(この比較に対しても、批判的な意見が最近よくありますし、学会全体で採用や昇進に関係させない旨の公言されている場合もでてきていますので、普遍性をもって正しくはないです)、それ以外にも、自分が胸をはって、そして、社会のためになるといえることをしていくことだと思うようになりました。


他大学では、実務家教員・臨床系教員には、大学院生を指導する資格がなかったり、4年制の学生の研究室配属がなかったり、本当かどうか分かりませんが科研費の申請をさせない・しない大学・研究室があったりするそうです。


今の所属大学では、私のような臨床系教員であっても、研究に邁進するというか、研究成果をあげることが当たり前のことであり、4年制薬学部・6年制薬学部の両制度の学生がいてくれて、自分にとっては、公募通りの良い環境で研究をさせていただいていると感じています。
6年制の学生は卒業したら、研究室でのウエットの実験というのは、2度としないかもしれませんし、学会発表の機会もないかもしれません。研究室に所属している3年の間に何か1つはつかんで卒業してもらえればと思っていますし、もちろん、研究の色の濃い進路をとる可能性の高い4年制の学生には、思う存分実験して、どのような職や分野であれ、はばたいていって欲しいな・・と、思っています。実務家教員といえども、誇りをもって研究活動をしているつもりです。IFにふりまわされるのは良くないけど、今年は、IFの良い雑誌にも論文が受理されているし・・です。

スタッフ、学部生も大学院生それぞれ、めざすところが異なるので、どれほど、濃密に研究室生活をするかは、各自の判断と思っています。というか、4年少し教授業をやっていて、思うようになりました。私も少し、肩の力をぬいて、周囲にまどわされずに研究活動ができるようになったのかなと感じています。

研究室の皆は研究をよくやってくれているといつも思っていますし、そこそこにしか実験しなかったとしても、卒業後、元気に選んだ道で充実を感じてやっていってくれれば何よりと、しみじみ、お盆休みに思っております。



京都への帰省の折に・・




実家の近くには、天下一品の総本店があります

















 
2014.08.14 Thursday 16:52 | comments(1) | trackbacks(0) | 
<< | 3 / 21 PAGES | >>