CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

CATEGORIES

archives

管理者のこと

現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。

私への連絡

プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。

みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。

2016.05.21 Saturday

薬剤師国家試験模試の開始!

0

    ひよこパン


    薬剤師国家試験対策の予備校から出版されてテキストをもっている学生が、この1週間多かったです。本日21日土曜日に模試があるので、勉強していたのでしょう。

    最近10年間で薬剤師ほど国家試験の内容が変わった医療職はない=社会のニーズが変化して、ミッションが変わった

    ということだと思います。
    と、医学・医療の進歩の速さも実感しています。10年前と今では薬剤師国家試験の内容がまったく違うのは、薬剤師が関与すべき部分がかわってきたのだと思います。私が国家試験を受けたときに、付け焼刃的に覚えた倍散の色とか、劇薬の致死量とか、今はそんな感じの問題はでていないような気がします。


    学生最後の1年なので、国家試験だけでなく、立場上、もちろん研究や学会発表もして欲しいし、友達との時間とかも大切にしてほしいと思うところです。


    この週末は論文投稿寸前のものを最終チェックをして、できれば、投稿完了までいきたいと思っています。がんばろう、っと。
    さらに、最近の私の頭の中には、iPad proのことが・・・9.7インチを購入したいと思って、調査中です。まだ、持っている人は多くないのかな。apple pencil が外でも使えて、メモをとれるなら、いいかな・・と、思うのと、論文や雑誌を読むのにもいいかな・・と、老眼をむかえつつある私は、思っているところです。


    私はあいかわらず、ラボにいますが、皆様良い週末をお過ごしください。

    2016.05.12 Thursday

    GWが終って・・

    0
      GWも終ったところで、春から新たに研究室生活を始めた人も小休止だったでしょうか。

      このGWは論文執筆業に専念しておりました。実家の京都にも少しだけ行きました。
      私の両親は、今年、金婚式です。元気にしてくれていて、何よりです。
      自分の両親ながら、本当にすごいのは、そのアクティビィティです。今年はミャンマーへ2月に行き、8月にはクアラルンプールに行くらしいです。次は、キューバに行くらしいです。基本的にはツアーで行っているのですが、ビザが必要な国に行く時は、辞書をひきながら自分で書類を作成して、大阪にある大使館まで自分でもらいに行くようです。旅行会社に頼むと2万円とか3万円とか余分にとられるのが勿体ないからとのこと。さらに、びっくりは、フランス語圏の国への申請の時は、フランス語の辞書をひいて、書類作成をしているとのこと。そのフランス語の辞書は、母が大学の時のもので、60年近く前のものです。おそるべし・・と、いつも思っています。

      私は4つ下の妹、9つ下の弟がいて、3人とも大学での第2外国語はドイツ語だったので、辞書は私が買った1冊を3人ともつかいました。その辞書は、現在は実家にあり、母の寝室の本棚においてあります。その辞書を使って、ドイツ語圏のビザに挑戦している様子で、私たち子供は、もう、お手上げと感じております。

      少し血圧が高かったり、尿酸値が高かったりはあるようですが、後期高齢者ながら、両親とも元気に過ごしています。


      行き帰りのSAで。夕日がきれいで有名なところのようです。













       

      2016.04.21 Thursday

      熊本大地震お見舞い

      0
        まだ、余震が続いていますし、ニュースやFacebook での現地の方々の様子を拝見して、心が痛みます。全ての方の、身の安全や支援が最優先です。
        被災された研究者に対しても、私が所属している学会でも、色々な形で動いているようです。

        1日も早い復興を心より祈ります。

        2016.04.13 Wednesday

        桜の木の下の写真&お花見

        0
          今年は、富山の桜の満開宣言が4月3日(日)でした。

          4日からの週は、天気予報は雨ばかりでした。4日に在学生のオリエンテーションだったので、4日夕方から全員集合しました。
          5日、6日は就職活動で、研究室にいない学生がいることが分かっていたので、4日の夕方の雨の中、今年の集合写真をとりました。雨の中、さらに、防寒具が必要なくらい寒いところ、教授の道楽につきあってくれて、ありがとう。



          お花見は学生が計画してくれました。
          毎年、同じことをいっているけど、桜の淡いピンクは日本らしく本当に綺麗です。





          今年は、担当の学生の提案で各願寺というところへ行きました。



          美しい日本の桜です。


          さらに、すばらしいのは、





          桜のむこうに立山連峰が見えることです。
          今年は、ここで桜をみて、その後、食べ放題イタリアンへ行きましたが、来年は、ここでお弁当食もいいかもしれません。
          医学部の研究室の方たちもきてられました。


          富山には、こんなに素敵なところがあることを発見させてもらいました。
          4月6日に行きましたが、この週は、この日以外は雨で、週末には桜は散ってしまったので、タイミングもバッチリでした。














           

          2016.03.31 Thursday

          平成27年度、2015年度も本日で終了!

          0
            大村先生の講演についての感想・・と、書きながら、早くも3月末になりました。

            大村先生の講演は、薬学会でも拝聴することができました。
            もとめてないと、得ることはできない・・・パワーにあふれていました。


            薬学会からもどってきて、年度末の〆の仕事に集中していました。予算関係も、科研費等が基金化されるようになって、随分、楽にはなりましたが、それでも、年度内のことが色々あり、本日は、書類仕事が主です。ラボの学生やスタッフの論文を手元に4報もっていて、そちらの校閲をしています。何とか、今回は、1週間で返そうと思っているのですが・・


            先週には、卒業式もあって、今年も卒業生が巣立っていきました。




            今年の卒業生からの卒業記念品です。


            黒い箱は、ドライヤーで組織免疫染色の時に切片を急速乾燥させるのに使います。台車も記念品の一部です。

            私のラボにとっては、4回目の卒業生ですが、みんな、元気でね。また、お会いできるのを楽しみにしています。





             

            2016.03.13 Sunday

            横浜にて・・薬理学会へ行ってきました!

            0
              3月9日から11日まで行ってきました。WEBはこちら→クリック


              DSC03747.JPG



              大きな学会は、横浜か神戸で開催されることが多く、最近、行く頻度の高いとろこになりした。


              DSC03766.JPG



              学会は、直接、国内の同業者と話せることが最もよいところです。加えて、かつては、同僚だったり、同じラボだったり、という方の現状をお聞きしたりできるのも学会のよいところです。私へマウスの持ち方などを教えてくださった方は、ある製薬企業に勤務されていたのですが(私が修士1年のときは、その企業から大学の研究室へ出向されていました)、この3月で52歳で退職されるとのことで、最後に学会でお会いできてよかったです。私が教員になってから、一緒に研究をし、卒業していった方々が元気にやっていってくれるのにお会いするのも嬉しかったです。


              今回の学会では、ノーベル賞を受賞された大村先生のご講演もあり、感動しました。そのことは、また、明日にでも。

              2016.03.06 Sunday

              病院薬剤師就職説明会と、柔軟な発想

              0
                就職活動が今年は3月から解禁となり、富山県の病院薬剤師就職説明会が昨日、実施され、私も行かせていただきました。

                富山県からも支援をいただいているようです。薬科大学が数多く新設され、国家試験を受ける人数も増えているのに、地域によっては、薬剤師不足になっているようです。これは、必要な薬剤師数が増えていることもありますし、国家試験の合格率がこのしばらくは低く、旧課程の時と同程度の合格者数だったことなど、色々な要素があると思います。
                富山県の大学にいる者として、この地域の薬剤師活動や医療がよりよいものになるようにと思っています。


                昨日の説明会で、ある病院の薬剤部長の先生が、規制概念を破るような人材がほしい・・と、いってられました。
                これには、私も同意します。

                研究室でも、学生や修士の学生の学生が、「次にこれをやるのは、どうですか」と、いってきた提案が、全く私の思っていたことと違い、なるほど、と、思うことも最近多いです。こうやって、こうやれば、学会発表できる、、、あれして、これして、そうすれば論文にできると、教員のほうが、枠にはめて考えがちだと思うことが、しばしばあります。学生や大学院生に考えを聞いて、可能な限りは、思ったことをしてもらえるようにと、最近、自分に言い聞かせています。


                その類似事項として、これは、なんでしょう?


                男性には、難しいかもしれませんが、女性は毎日使っているものです。ビューラーです。ビューラーって、あの形って、思っているけど、こんなにコンパクトなものもあります。


                無印良品で買いましたが、そのついでに、カフェインレスの以下のものも買いました。



                最近、夕方4時以降にコーヒーを飲むと寝つきが悪いので、夕方以降はカフェイン抜きにしています。

                薬理学会に行かれる方は、横浜でお会いしましょう。

                2016.02.29 Monday

                今年はうるう年&南砺利賀そば祭り&論文投稿

                0
                  今年はうるう年なので、2月が29日まであって、本日は、まだ2月です。
                  2月は修士論文の作成や発表会もあって、早く過ぎていきました。まずい、もう、3月だ・・・と、いう感じです。

                  論文を投稿しようとしていますが、ほぼほぼ完成したところで、再チェックし始めると、いろいろ目について、なかなかです。
                  今回、投稿前にiThenticate でチェックをかけました。今までは審査後に、editor がiThenticate をかけて、30%以下にするように・・と、指示があったことが数回ありました。所属大学では、昨年の秋から、iThenticate が使用できるようになり、今回投稿しようとしている雑誌の投稿規定に中に、前もってiThenticate をかけるようにとの指示があったからです。参考文献や研究者の所属機関も対象になると30%近くの重複になってしまって、色々と悩んでいるところです。

                  話しがかわりますが、富山の季節のものに参加しました。
                  南砺利賀そば祭りにいってきました。
                  http://www.tabi-nanto.jp/event/post_68.html
                  http://www.info-toyama.com/s/spot/40051/



                  今年は暖冬だったので、雪像もとけかけていましたが、多くの人が参加していましたし、イベントの運営も工夫が満載でよかったです。




                  2016.02.19 Friday

                  ポスター発表会(4年制の卒論発表&6年制の中間発表)

                  0



                    富山にきて、7回目の冬を過ごしていますが、最も暖かく、雪が少ない年を過ごしています。


                    富山の冬は、空がねずみ色なのですが、今年は青空を見る日も多いし、今朝は写真のように立山もクリアに見えました。



                    今年も4年生の卒論発表と6年制の中間発表としての、4年生の研究成果発表会のポスター発表が開催されました。

                    研究室ができて、6回目の発表です。
                    今年が何回目・・と、即答できていたのに、今年あたりからは、指折、数えないといえなくなってきています。私たち教員にとっては、毎年のことであっても、学生にとっては、人生にはじめてのことであり、1回のことで、大切にと思っています。


                    私が助手をしていた時、上司の教授から、大学教員を数年していると全てが年中行事になるけど、学生にとっては、はじめて研究すること、就職、卒業と、全てが一生に1回のことだから、とのお話をいただいたことが、今も記憶に残っています。

                    お疲れ様でした。

                    2016.01.27 Wednesday

                    やばい、1月ももう終わりだ

                    0
                      年末の、体調がいまひとつの時がある・・との記事で、しばらく放置していたので、病気でも・・と、思われているかもしれませんが、元気に過ごしています。

                      年末年始は2日だけ、実家に帰り、70歳代後半に入った両親が元気なのに安堵し、甥や姪にお年玉をわたし、日本人のお正月でした。年があけて、普通に1月の大学の風景の中で過ごしています。


                      DSC03688.JPG


                      DSC03687.JPG
                      下賀茂神社です。私は京都で高校までを過ごしているので、この風景が日常で、上賀茂神社や御所へ蝉取りに行ったりしていましたが、古典にでてくる有名なところです。


                      富山も先週までは積雪がなく、いつになく暖冬でした。
                      DSC03646.JPG
                      年末の雨晴海岸です。
                      先週から、雪がしんしん降っていて、雪がつもり、昨夜は、路面が凍結して、運転がびくびくでした。


                      今月は大学院特論で、学外の先生2名の先生をお招きして、講義をしていただきました。いずれの先生も、本当にエネルギッシュで、感激しました。加えて、大学院時代を同じ時にすごした方とも共同研究をはじめることとなり、ご訪問いただきました。また、実習関係の説明会も実施し、学外から講師の先生をお呼びしました。いずれの先生とも、夜は、富山のお魚と日本酒を楽しみました。お酒がおいしい富山は、こんな時もいいですね。お魚も、カニもおいしいのですが、今年は暖冬で、鰤がとれなく、ぶあいついお刺身をがっぷり食べることはできず、残念です。論文も書いてますし、審査もしていますし、学会登録もしていますし・・と、普段どおりの大学教員生活です。勝駒の、生酒も買いにいき、通常の富山ライフです。

                      とはいえ、今週は2回東京出張をしていて、今夜は東京泊まりです。
                      体調には、少しだけ、波がありますが、うまく、おりあっているところです。
                       

                      << | 5/80PAGES | >>