サンディエゴからもどって、はや10日・・事前学習進行中

サンディエゴからは15日(金曜)にもどってきたので、もうはや10日。


その間、事前学習が進行し、大学内でもいろいろなことがあり・・・と、ここに何かを書かずに日がすぎていき申し訳ないところです。




DSC01401.JPG
最終日の1日前には参加者が3万人をこえています。



DSC01404.JPG
ひろい、ひろい会場ですから、




DSC01399.JPG
1日に歩く距離も2万歩以上・・





DSC01394.JPG

DSC01395.JPG
学会会場会のガスランプクオーターです。



空が青く、まぶしかったです。

2回目の卒論発表会です

国立大学薬学部の多くは、この1カ月前後の間に6年制の6年生の卒論発表会をしていると思います。


私が所属している大学は本日です。学生がどきどきしているのに、ブログを書いていて、ひんしゅくを買いそうですが、許してください。


この発表会の直後から出張にでるので、すぐにここに記すことができないと思うので・・・昨年、最初の卒業生を送り出し、本当に本当に嬉しかったです。一方で、自分のような新米の教授に指導を受け、私に至らないところがいっぱいあっただろうに、がんばって発表までしてくれた学生への感謝の気持ちも大きかったです。


そして、2回目となる今年も同様です。おたがい、この3年間で成長しました。

社会で偉くならなくともいい、すごい活躍しなくともいい、元気で、まあまあかな、と、思って生きていってほしいというのが心の底の本音ですが、やっぱり、活躍して、ときどき、研究室にも顔を出してもらえるとうれしいな。これから、国家試験の勉強に入るけど、がんばっていってください。


国試のあとにある卒業式では、先生と学生でなく、同じ社会人として、飲めるといいね。




このブログを見かえすと旅日記みたいですが、今夜から、海外に行きます。
ところで、先週末にぎっくり腰になり、はじめて、ペインクリニックにかかりました。おそるべし・・・
痛みは、全てを不調にします・・







私が富山にきて、一番好きなお酒は満寿泉です。



私が最近、よくお酒やワインを購入する川尻酒店です。




ワインセラーもあって、感じのよい御主人が、こちらの予算や希望をいえば、いろいろと選んでくれます。
 

科研費

 大学にいる方は、科研費という言葉をよく耳にするこのごろかと思います。



科研費は、正確には、科学研究費補助金といいます。全てのアカデミアの分野の方が研究費を申請することができます。日本で科学者を名乗る以上は、この研究費を基本とします。



私は、この3年は、最先端・次世代プログラムの採択を受けていたので、専従義務で、科研費の申請ができなかったのですが、今年から、再度、参戦です。



この土日で突貫作業ですので、こんなものを買ってみました。
RedBullをはじめて飲みました。予想よりは飲みやすいかな。カフェインはどれくらいの量が入っているのかなあ・












Red Bull の プルトップは、こんなにおしゃれです。


明日、14時から富山駅前CICビルでまちなかセミナーを開催します

 2013_ページ_1.jpg





脳・精神の病気って、どんなもの? どうやって治すの?予防できるの?

というテーマのもとに、金沢大学の東田先生、福井大学の東間先生に御講演をいただきます。

子供への接し方、高齢者がうつにならない方法と広い世代の方が注目する内容の講演です。

どうぞ、お越しください。

先導的薬剤師養成に向けた実践的アドバンスト教育プログラム

 という文部科学省の事業に採択されています。

これは、国立大学薬学部14大学で共同でプログラムをつくるというものです。
詳細はこちらをご覧ください→クリック










このプログラムで得られた成果を発表するシンポジウムが九州大学でありました。
国立大学薬学部がかかえている課題を明確にし、解決・改善していこうというものです。



今回は、実務自実習を含む医療人教育での評価手法、フィードバックの仕方についての講演が中心でした。




同じ敷地内にある九州大学病院です。






九州大学病院の最寄り地下鉄駅の中には、調剤薬局がありました。ちょっと、驚きでしたが、私が知らないだけで、他県ではよくあることなのでしょうか。よく地下鉄に乗る東京とかでは、あまりみない気がするのですが・・ちがったら、ごめんなさい。







東京出張につきもの・・スタバと羽田空港からの風景

 富山にきて、国内出張でも、飛行機に乗ることが多くなりました。


教授になって、東京出張が多くなりました。


この2つの理由から、羽田空港を利用することが本当に多くなりました。
名古屋にいた時は、東京出張は新幹線しか考えなかったし、海外もたいていはセントレアから行けるし、都合があわない時は成田経由にすることが多かったので、羽田空港は富山に来るまでは一度も行ったことがなかったです。


最近、羽田の第2ターミナルの増築が完成し、とっても綺麗になりました。
(富山には、ANAしか飛んでないので、いつでも第2ターミナルです)






窓も広くなって、飛行に乗る前に、こんな景色が見えます。



前から、出張の時にスタバで時間調整していますが、最近は、用事(会議)の前に会場近くの店でアイスコーヒーを頼んで、まず1杯目を楽しみます。そして、用事が終わった後に、空港のスタバで、1杯目の時のレシートを出すと、100円で同じものが買えます。


最近の東京出張は、羽田の景色とアイスコーヒ トールサイズ2杯がおともです。



8月もお盆前で、あと半月で、しかも、30日から海外出張を控えているのに、東京1泊出張が1回、日帰りが1回予定されています。また、コーヒーと景色がみれます。

一般の方への講演会の宣伝  お時間あるようでしたら来てくださいね

 大学教員は自分のサラリー、研究費の多くの部分を税金で支えていただいています。なので、研究成果を学術論文に投稿して専門分野の方からの評価をいただき、自分の仕事をよりよくしていくことが必要です。



このように論文投稿に加えて、専門外の一般の国民に対しても情報を発信しなければなりません。社会、地域の方からの要望には、最大限こたえるべきと考えています。


1日は北陸3県の小、中、高の保健の先生と学校薬剤師の先生方とアルコールや薬物乱用についての討論&講演をします。




3日(土曜)は、富山大学が主催するものでキャンパスのある山奥から駅前にいき、富山駅前サトライト公開講座で御話をさせていただきます。

8月3日は、脳の病気を知ろう・・・と、現在脳疾患研究の最前線を紹介します。土曜日の14時からのCiCビルです。



新入生の合宿

 連休明けから、土日が過ぎ、新入生の方も、大学にやや馴れてきたころかと・・


富山は、暑くなったり、涼しくなったりで・・・何を着たらいいか、毎朝迷っています。




所属大学では、新入生を対象に、立山に行っています。と、いっても、本格的な登山でなく、学生間、先生と親しくなろう・・と、いうのが主なところです。


あいにく天気が今一つで、立山の山並みや、ライチョウを見ることができませんでしたし、視界が悪く、散策もできませんでしたが・・

そんな中の写真です。


今の季節に、こんなに雪が・・




立山の観光の目玉で、雪の大谷といって、雪を除雪して、このように壁を・・今年は、18メートルあるとのことです。




1年生の人は、大学に入って、いろんなことがありすぎて、この合宿も記憶の中にまぎれて、それほどとどまらないかもしれないけど、少しだけでも思い出になってくれればと思います。



合宿について、私はたいしたことはしていないけど、下見や準備に多くの教職員の方が、尽力してくださっています。薬学部や医療系の学部ではカリキュラムがタイトになってきて、また、昨今のいろんな問題で、このような行事をとりやめるところが多いですが、その中で、続けていっていることを、卒業してからいいので、気づいてほしいな、と、思います。

国家試験終了とお雛様

 昨日、国家試験が終了しました。
国立大学の多くは、入試作業と時期が重なることもあり、学部をあげて、問題を検討していることはないでしょうが、ある私立大では全員で、それぞれの担当分野の問題を解いたところ、昨年と比べて、難易度は同程度という個人的見解を聞きましたが、私が教えているところを見る限り(しかし、まだ、真剣には自分では解いていないのですが)、昨年より、少し、変化球になっているようには感じました。数名の学生が、本日、”自己採点で、大丈夫”と、いいにきてくれました。


来ないと、もしや・・と、心配になるから、みんな、自分の研究室の先生には、会いに行ってくださいね。

そして、もし、もし、もし、合格に達していないとしても、薬剤師としての就職の内定は駄目になるかもしれないけど、これで、人生が駄目になるわけでないから、来年、がんばろう。私の知人で、10年間、ずっと受け続けて、合格した人や、現在、ある私立大で教授をしている人は、現役の時は、”免許とらないのがトレンディ、と、いうか、研究者の証”という風潮で、勉強せず、合格していなかったけど、教授になるにあたり、必要とのことで50歳近くになって合格した方もいます。


薬学部の先生たちは、国試だ、入試だ、進級判定だ・・・と、それどころでないだろうけど、昨日は雛祭りでした。
先週来、色々と、へこむことがあり、(内容は、今は、まだ、ここには書けません)、ふと実家のお雛様はどうなっているのかな、と、思いました。






私が生まれてから、45回、母が毎年、出してくれています。下から2段目のお道具は、母が生まれた時にその祖母から送られた物ということなので、もう70年以上前のものです。私が、きちんと嫁がなかったため、今も実家にあり、そして、70歳を過ぎた母が毎年、”お人形がかわいそうだから”と、いって、出してくれています。今、結構、気持ちが弱っている私にとっては、眼の奥が熱くなります。

私が、実家を離れてから、27年・・学部時代は、春休みだったりで実家にいたこともあったから、23年くらいかな、私がいなくとも、ずっと、飾ってくれていました。


母が、このお人形を出せなくなったら、どうなるのだろうなあ・・などと、思うとせつないです。

新年早々からブルーなことが

 ツイッターでつぶやいたんだけどさ・・


今、海外雑誌3報とか国内英文雑誌1報のレフリーをもっているの。


どれもが1月5日から8日の間に締め切りだから、いそしんでいるのだけど・・・・



あのさ、あのさ、1報が、どうみても捏造なのよね・・・電気泳動のバンドが他の雑誌にのっていたり・・・・使っている薬が異なるのに、まったく同じグラフがのっていたり・・・・・


その事実を淡々とコメントにしているのだけど、レフリーって、それでいいんだったけ?と、ここで皆さんの意見をもらいたいなあ・・って。エディターがとめてくれればそれでいいのかなあ・・レフリーがどこかに届け出るって制度は聞いたことがないんだけど。チョットひどいよなあ・・。

<< | 5/21PAGES | >>

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
管理者のこと
現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。
私への連絡
プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。
みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。 **selected entries**
**categories**
**archives**
**recent comment**

**recent trackback**

**search this site.**

**links**
**profile**
**others** **mobile**
qrcode
**powered**
無料ブログ作成サービス JUGEM