CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

CATEGORIES

archives

管理者のこと

現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。

私への連絡

プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。

みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。

2013.03.04 Monday

国家試験終了とお雛様

0
     昨日、国家試験が終了しました。
    国立大学の多くは、入試作業と時期が重なることもあり、学部をあげて、問題を検討していることはないでしょうが、ある私立大では全員で、それぞれの担当分野の問題を解いたところ、昨年と比べて、難易度は同程度という個人的見解を聞きましたが、私が教えているところを見る限り(しかし、まだ、真剣には自分では解いていないのですが)、昨年より、少し、変化球になっているようには感じました。数名の学生が、本日、”自己採点で、大丈夫”と、いいにきてくれました。


    来ないと、もしや・・と、心配になるから、みんな、自分の研究室の先生には、会いに行ってくださいね。

    そして、もし、もし、もし、合格に達していないとしても、薬剤師としての就職の内定は駄目になるかもしれないけど、これで、人生が駄目になるわけでないから、来年、がんばろう。私の知人で、10年間、ずっと受け続けて、合格した人や、現在、ある私立大で教授をしている人は、現役の時は、”免許とらないのがトレンディ、と、いうか、研究者の証”という風潮で、勉強せず、合格していなかったけど、教授になるにあたり、必要とのことで50歳近くになって合格した方もいます。


    薬学部の先生たちは、国試だ、入試だ、進級判定だ・・・と、それどころでないだろうけど、昨日は雛祭りでした。
    先週来、色々と、へこむことがあり、(内容は、今は、まだ、ここには書けません)、ふと実家のお雛様はどうなっているのかな、と、思いました。






    私が生まれてから、45回、母が毎年、出してくれています。下から2段目のお道具は、母が生まれた時にその祖母から送られた物ということなので、もう70年以上前のものです。私が、きちんと嫁がなかったため、今も実家にあり、そして、70歳を過ぎた母が毎年、”お人形がかわいそうだから”と、いって、出してくれています。今、結構、気持ちが弱っている私にとっては、眼の奥が熱くなります。

    私が、実家を離れてから、27年・・学部時代は、春休みだったりで実家にいたこともあったから、23年くらいかな、私がいなくとも、ずっと、飾ってくれていました。


    母が、このお人形を出せなくなったら、どうなるのだろうなあ・・などと、思うとせつないです。

    2013.01.01 Tuesday

    新年早々からブルーなことが

    0
       ツイッターでつぶやいたんだけどさ・・


      今、海外雑誌3報とか国内英文雑誌1報のレフリーをもっているの。


      どれもが1月5日から8日の間に締め切りだから、いそしんでいるのだけど・・・・



      あのさ、あのさ、1報が、どうみても捏造なのよね・・・電気泳動のバンドが他の雑誌にのっていたり・・・・使っている薬が異なるのに、まったく同じグラフがのっていたり・・・・・


      その事実を淡々とコメントにしているのだけど、レフリーって、それでいいんだったけ?と、ここで皆さんの意見をもらいたいなあ・・って。エディターがとめてくれればそれでいいのかなあ・・レフリーがどこかに届け出るって制度は聞いたことがないんだけど。チョットひどいよなあ・・。

      2012.11.03 Saturday

      研究室紹介

      0
         私の所属している大学では、来週に研究室紹介があって、その次の週から研究室訪問があります。



        研究室紹介って、どこの大学でも行われているのだろうか?


        私の知り合いの数名の先生は、自分の大学では、開催されていない・・と、いっていました。
        そして、やらないと駄目なんだけどなあ・・・と、つぶやいてられた他大学薬学部の教務委員長の先生もいました。 今まで、やらなかった理由は、教授陣が嫌がったからだそうです。
        なぜ、嫌なのかというと、講座間で比較されるのが嫌なのだそうです。


        今の大学では、研究室訪問の期間も決まっていますが、今まで所属した大学では、それもなかったし、ない大学も結構あるようです。訪問したい人だけが、訪問することが多いようです。


        また、配属についても成績順だったり、面接だったり、成績の良い人や悪い人が1つの研究室にかたまらないように、成績を上中下の3つに分けて、それぞれで定員を決めていたこともありました。
        面接で配属学生を決めることにしている大学の先生と話していたら、その方は、志望してきた学生は全て採る、定員をオーバーした場合は、ジャンケンにしているといっていました。しかし、他の研究室では、野球部優先とか、運動部優先とか、にしているところもあるといってられました。


        私は、今、研究職につき、大学で教育と研究をすることで生活の糧を得ています。
        他の進路をとった方と比べると研究室配属が大きな人生の岐路だったはずです。

        でも、当時、研究室紹介もなく、研究室訪問もなく、さらに、教授と話したのは配属された時がはじめて・・・・・その研究室が担当している学生実習は4年生での開講だったので、配属後までスタッフの助手や助教授の先生、さらには先輩とも話したことがなく・・・・

        入ってみてびっくりなのは、講義でやっていたことと、研究内容は、全く異なっていました。
        講義は薬剤学だったのに、入ってみたら、神経細胞でしたのですから・・・・それも知らないで研究室に入りました。

        今、思うと、なぜ、あの研究室を希望したのか全く自分でもわかりません。後になって、今になって、あれが岐路だったとは思いますが、他の研究室に行っていても研究を続けていたかもしれませんし、していないかもしれません。

        いろんなことが今までにあったとしみじみです。





        これは何?  宇都宮の学会時に研究室で行ったお店にて、アナゴの天ぷらです。大きい・・1本です。







        前回の東京出張の時に、ホテルの窓から・・・この時は、品川のホテルでしたが、分かる人は分かるのかなあ・・





        高層ビルも美しい

        2012.10.08 Monday

        連休も最終日・・

        0
           他の大学の先生は、どのように時間を使われているのだろう?
          私って、なんで、こんなに時間の使い方が下手なのだろう?


          と、思わざるねない連休でした。
          フル出勤しておりました。


          他大学の先生からのメールの書き出しが、

          事前学習中で・・
          学会出張が続いており・・
          OSCE準備で・・
          推薦入試が毎週のようにあり・・
          講義が過密で・・・


          と、なっていて、いずれの先生も苦労されていて、自分が特に多くのことをしているわけではないと思うのですが、なぜ、こんなに在学時間が長いのかなあ。
          もう少し、要領良く仕事しないとなあ・・と、思っています。



          今年は、コスモス見にいけるかなあ。



          本日の昼食。ちょっと、悲しい。スーパー安売りで68円なり。





          これは、今日食べたわけでないけど、富山って、大の昆布好きの方が多く、コンビニでも必ずとろろ昆布おにぎりが売られています。あとね、おでんにもとろろ昆布が添えられています。






          2012.09.29 Saturday

          忙しいは、心を亡くすと書く

          0
             と、中学の聖書の時間に習いました。

            私は、洗礼も受けてないし、教会に行っているわけでないけど、習った言葉は今でも思いだし、行動指標になることもあります。

            今年度に入ってからの私は、まさに心が亡んだ状態・・・・創造性の高い発想ができない・・なんて、いっているといけないので、がんばらなくては・・と、思います。
            自ら忙しいとはいわないようにはしていますけど、それもなかなか難しい・・・・忙しいといったところで、何かが改善されるわけでないけどね。


            本日は、東京へ日帰り出張。明日は、金沢、そして神戸・・・・・神戸は神経化学会で皆さんに会うのが楽しみです。薬学科5年生と修士1年が初陣で発表します。初陣は一生に1回だから、印象深い良いものになるといいなあ・・って、思います。



            明日も、東京で会議があるのですが、先に金沢の会議の予定が入っていたので、会議構成員の皆さまには、本当に申し訳ないところ休ませていただきます。私は、基本は、先に入った予定を優先させるようにしています。時には例外もありますが。


            帰りの羽田空港で、羽田と東京駅限定の東京バナナを本日はゲットしました。
            この前は、すごい行列だったけど、今回は5分くらい並んだだけで買えました。


            東京ばな奈  バナナプリン味  アニマル柄←ここが重要らしい





            豹がら??





            何だかぐっすり眠れず、疲れがぬけないこのごろ。
            出張だけでなく、何やかんやと用事が多いこのごろ。

            明日からの神戸では、神戸肉・・だ。
            焼き肉でエネルギーチャージだ。


            これを読んでいる学生の方には、その気持ちが分からないだろうけど、焼き肉でエネルギーチャージできるのは35歳くらいまでなんだよ。それ過ぎると、翌日朝までの消化にもエネルギーもとられます。

            2012.09.02 Sunday

            出張ざんまい始まり!

            0
               明日から、出張三昧気味の日々が続きます・・・・・・。


              ちなみに明日は日帰り東京です。
              火曜は大学にいて、水曜は教授会で、木曜から日曜まで札幌です。今の札幌は、どんな感じなのかなあ・・・・。


              その合間に、試験問題の作成をしなければ・・・・
              事前学習のテキストも作成中です。


              大学は、後期のはじまりは10月からですが、いざ、新学期の気分です。









              2012.07.25 Wednesday

              メンタルに問題があると、研究室生活は難しいの?

              0
                 
                今年は、紫陽花の美しさを見ないままというか、気付かない間に梅雨が終わり、暑い日が続いています。小学校は、すでに夏休み・・・大学は、通常に営業しています。


                記事やツイッターでも書いていますが、私は20歳くらいの時から、頭痛持ちです。
                その鎮痛剤を処方してもらうために近所の内科の開業医さんにかかっています。

                頭痛を訴えたところ、血圧を測ったら、少し高かったことから、1カ月に1回くらい定期的に通っています。前回、行ったときに、
                いつもより血圧が高く・・・さらに、頭痛を訴えたところ、医師から『眠れていますか?』と、尋ねられ、寝ていません・・と、答えました。

                さらに、お通じはいいですか?と、尋ねられ
                『便秘のときがあります』

                と、答えました。
                さらに、頭痛も便秘も海外にいる時は、大丈夫だったといったら、

                『抗うつ薬をだしましょうか』
                と、いわれました。


                自覚として大丈夫と思ったのと、8月に入れば、会議や講義もなくなるから・・少しはましになると思ったので、抗うつ薬は断りました。私は、たいした人間ではありませんが、大学の先生もして、このようにブログ書いて情報発信して、それなりの会議も出ていますが、私も”うつ”の症状があるわけです。


                と、いう前書きを書いておいて、いただいたコメントへのお返事をします。
                いつもは、このようなコメントへのお返事は、メールでお答えしているのですが、メールアドレスを書いてられなかったのと、個人を特定されるような事柄が入っていないので、ここでご紹介します。


                **********************

                はじめまして。
                今、研究生活に悩んでいるところで、先生のブログを見つけました。


                躁鬱があるせいか、実験ペースにばらつきが出たり、研究室を休むことも度々です。
                事情は説明してありますが、実際の実験指導者の准教授ともいまいち信頼関係が築けず、准教授の顔色を気にしすぎて、悩みどころか、研究内容について気軽に質問できなくなっています…。
                それがストレスで、また休むという悪循環です。

                研究室に行かないときは元気だったりする自分も後ろめたく、日々辞めたほうが良いのではと感じています…。

                とにかく論文が自分で書けなくても良いからデータを出せという感じにも、自分の目標としてきた「論文もなんとか書ける院生」からほど遠く、悩んでいます…。


                やはり、メンタル的な病気を抱えながらの研究は厳しいのでしょうか…?


                長文になってしまい、申し訳ありませんでした。
                ***********************************

                人間誰でも全員、双極的なところはあります。
                いつだって、仏なような穏やかな人がいたら、それはそれで、人間らしくないと思いませんか。病院にかかったから、病名がきちんと分かっただけで、病名がつかず同程度の人はいっぱいいると思いませんか。


                この質問者さんと直接会っていないので、何ともお返事しがたいですが、この文面からの理解で、私の意見を述べますね。

                実験ペースにバラツキ・・と、いうことは、すごく頑張れる時もあるのだから、それで十分だと思います。そうやって頑張れた自分をまずは、誉めてみましょう。分野や研究室によると思いますが、准教授というポジションは、研究活動や研究室運営について、自分だけで全ての決定権を持たず、責任をとれないので、学生との信頼関係を築くのはどうしても難しくなりますから、無理に築くことはなく、研究室に出れた日には、准教授の顔色なんか気にしないで、『今日は、これと、あれができました』と、胸をはっていればいいと思いますよ。
                そりゃ、先生は、ちょっとでも、いっぱい手を動かしてくれる学生が好きです。でも、学生は、先生に好かれるより、自分を大切にして、そして、研究室で育てて、与えてもらえることは十二分にやってもらえばいい立場です。
                この学生さんが、修士か博士か分かりませんが、修士だったら、とにかく辞めずに、就職先をゲットすることを考えて、そのために実験する、自分のために実験する・・と思ってやっていけばいいと思います。私個人は、修士で論文を書けるようにと思って学生に接しているし、指導していますが、世の中、大部分が論文を書かないままに修士をでますから、社会に出たときに論文を書くチャンスがあれば、書くぞ・・と、思っていれば十分ではないでしょうか。もっと気楽に、大学院生生活を楽しもう・・と、思ったらいいですよ。日々の実験だって、普通の生活の範囲では、手がでないような高額の試薬をつかっていたり、機器をつかっているので、”この機械って、車3台分!”と、思って実験したら、自分のことがラッキーだと思えると思いますよ。


                博士の学生さんだったら、分野にもよりますが、もし、医師、看護師、薬剤師、小中高の教員のような研究職につかなくとも食べていける免許をもっていないなら、今後、どんどん辛くなりますから、ご両親や主治医に相談してもいいかもしれません。でも、辞める前に、1カ月は考えてみましょう。ひとまず、1カ月休んでみて、研究への自分の思い入れを見つめなおしてもいいと思います。ちょうど、夏休みシーズンなので、今しんどいなら、夏休みをきっちり取ってみましょう。何かの事情で、大学院に行けない人だっているところ、周囲の理解で、せっかく院生になったのですから。職に対する思い詰めがないなら、修士の学生さんと同様に、自分のことだけを考えていればいいと思います。


                いずれにしても、論文は無理としても、学会で、自分が見つけたことを発表する時に、”楽しい”と、思えるなら、自分は研究向きだと信じて、つらくならないに程度に、自分がおもしろい範囲で続けていく資格はあると思っていいと思います。

                以前にも、記事にしていますが、研究室でうまくやれなくとも、立派に社会人にはなれるので、自分に自信を持つことが大切ですよ。

                もう少し、具体的にお答えしたほうがよいようなら、詳細を教えていただけるようでしたら、公開しませんので、コメント欄にお送りください。


                シャトレーゼのブッセ






                5種類あって、冷凍室にいれておいて、そのまま食べてもおいしいし、冷蔵庫で2時間解凍してもおいしいらしい。

                100円で、お得!

                2012.07.21 Saturday

                明日は、オープンキャンパス!

                0
                   です。


                  私の研究室のテーマは、”マウスの気持ちが分かる高校生になってみよう” です。


                  乞う、ご期待です。




                  2012.07.07 Saturday

                  大阪出張! 近畿大学に行きました 関西では近畿大学のことを”きんだい”といいます

                  0
                     医薬品情報学教科担当教員会議で大阪・長瀬の近畿大学に行ってきました。
                    薬学部で教えている各科目ごとで、担当教員が集まる会議があります。私は、この医薬品情報学の担当です。





                    建物が、すてきでした。キャンパスに緑も多く、絵になる風景でした。
                    空が青いともっと写真も綺麗だろうけど、大雨警報のでている大阪でした。


                    近畿大学は総合大学で、学生さんも多かったです。帰りが、18時で、学生の講義が終わる時間と重なったのか、本当に大勢の学生でした。
                    私は、大学は薬学単科、大学院は総合大学ですが、医学部だけの別キャンパス、今勤務している大学も、総合大学であるものの、医薬だけのキャンパスだけですから、総合大学のキャンパスは新鮮でした。



                    ところで、私はもともとは関西出身なので、”きんだい”というと、この近畿大学のことをいうと思ってういたのですが、富山大学にきて、周囲の方が、”きんだい”といわれると金沢大学のことを指していて、当初は、随分、ちぐはぐな対応をしていました。  

                    病院実習の挨拶に行って、”うちの病院長は、きんだい、なんだよ”、って、いわれて、”関西のご出身なのですね”などと答えていました。


                    類似の例で、私が経験したのは、
                    名古屋で”めいだい”といえば、名古屋大ですが、関東の方は明治大学だったり、また、”しんだい”と、いっていると、私は信州大学のつもりで話しているのに、聞いている方は、神戸大学と思って聞いていたりしていました。



                    大阪の鶴橋というところで、電車を乗り換えたのですが、


                    ホームに降りると、焼き肉のにおいがして・・・すごいです。


                    それと長瀬の駅から、近畿大学まで徒歩10分くらいのですが、その道すがらに、お好み焼きのお店が多く、大阪だなあ・・・と、思いました。



                    2012.05.29 Tuesday

                    東京タワーとスカイツリー

                    0
                       先週末は、千葉大学薬学部で開催されたシンポジウムに参加し、そして、日曜日は、教務関係の会議に出ていました。


                      道中でとった写真です。








                      両方とも、道すがらで撮ったものなので、今一ですが、何か嬉しかったです。
                      東京タワーは小学校1年生の時に行きました。
                      スカイツリーは、いつ登るのかな・・と、しばらくは、お預けです。





                      サクマのドロップの復刻バージョンです。
                      私が行っていた幼稚園では、帰る前にドロップを1個もらえることになっていて、私が好きなのはオレンジとチョコレートでした。

                      今、食べてみると、オレンジもチョコも同じ味がする気がします。ハッカだけが、分かるような。
                      ドロップを10個いっぺんに食べても誰からも叱られないくらい今となると、あの頃が、懐かしいような気がします。東京タワーも恐ろしく大きなものと感じたものです。

                      << | 5/20PAGES | >>