研究者のお仕事・・論文の査読

 今日は富山空港朝一番羽田行7時15分に乗って、慶応大学薬学部(浜松町)にきています。実務実習の一期が終わって、その問題点やよいところ、改善点を出し合いました。薬学部が74あって、全大学から、きちんと一人きているのでから、ある意味すごいと思います。


今は、羽田空港で、飛行機をまっているのですが、この時間を利用して、論文のレフリーをしようとしています。

研究者が、自分の行った研究成果を発表する公式の場は、論文です。世界の人に知ってもらうために英語で書きます。自分の研究分野にあった内容を扱う雑誌に、論文を掲載してもらうよう、原稿を送ります。おおまかにいうと読者の多い雑誌ほど、掲載されるのが難しいという感じです。それをインパクトファクターという数字で表現することが多いです。
いずれ雑誌でも、掲載してよいか否かを、レフリーという人が判断します。編集者が、論文の内容に近い分野の研究者に原稿を送って判断してもらいます。この数年は、オンラインでPDFをやりとりすることが多いです。

大学院生のころ、このレフリーっていう仕事をする人は、さぞ凄い人だと思っていました。だって、自分が何年もかけて実験して、自分が尊敬している指導教授の先生に指導していただき、いろいろ追加実験して、さらに論文を膨大なエネルギーをつかって書いて・・それをやっとこさ投稿しているのに、それなのに、それなのに、それを、ぼろぼろにいったり、あちこち文句をいったり、ときどきは、”その雑誌にのせてやらない”と一蹴され、掲載してもらえるとこみ、やたらと追加実験をして・・・書き直して・・・なのですから。
どんな雑誌でも、論文の数がそこそこある今でも、論文が通るとうれしいものです。レフリーはそれだけの権限をもっているわけです。


ところが、今、1週間に1−2の論文のレフリーをするようになり、その中には、大学院生のころは憧れていた雑誌もあります。基本、私はレフリー依頼があったら、受けるようにしていますが、自分の専門分野と随分離れている内容のときでも受けてしまうことがあります。

そんなとき、もちろんプロですから、内容はそれなりに理解するのですが、その内容が、世界の流れの中でどれくらいの位置になるかわからないまま、判断してしまうことがあります。
そう思うと、レフリーというのも、いいかげんなものだなあ・・と、感じることがあります。
自分が投稿したときに、ピントはずれのコメントだなあ、と、思うことがあるのは、このような時なのだなあ・・と、思います。

そうやって、業績というものが積み上げられてきます。

もうすぐ飛行機に乗ります。

博士課程大学院の選び方

 4年制の学部&修士、6年制の学部を終えたら、次は博士課程です。

修士までで研究室の生活を2,3年は過ごしているし、たいていの場合は1つの研究室しか知らないので、博士課程で研究室を変えることは、勇気が必要です。

博士課程を修了して博士の学位をいただくためには、論文が必要なので、修士までの蓄積がないと厳しいことも多いようです。

博士課程で研究室を変える場合には、次のポイントがあるようです。

1、修士までの研究室よりアクティブなところに移り、卒業後のアカデミックポジションの獲得を容易にする。

2、修士までの指導者が定年や移動する。

3、修士までの指導者が何らかの理由で博士課程の学生をとらない。何らかとは、例えば、卒業後にポストの面倒をみる自信がない・・・・女性研究者は社会に求められていないので、とらない・・・・(嘘みたいですが、21世紀になってから、そのようなセリフを私にいった教授がいるんですよ?!)

4、経済的に楽にするために、実家から通える大学の研究室にうつる。


私の考えとして、博士で研究室を移る場合のポイントとしては、

1、指導者についていけると確信する
2、自分が興味ある、または、さらに知りたい領域の研究テーマを行っている
3、経済的に苦しいなら、そのサポートのある研究室
4、学会発表、論文投稿を推進する研究室

と、思います。


大学院の選び方

 本日と明日は私が在籍する大学の修士・博士の試験でした。
私にとっては、最初の大学院生です。今日の緊張をお互い忘れないようにと思っています。


今私がいる大学は、ほぼ4年制の薬学部の学生はほぼ全員、ここの修士にすすみます。

他からきた私の感想としては、なんで他大学や他学部の修士を考えないのかなあ・・と、思います。


4年制薬学部の学生が就きやすい職種として臨床研究の統計とかマネジメントなどがあると私は思うのですが、その方向だとこの大学の大学院では無理です。

自分の教室の4年制には、自分の進路を考えて他大学に行くことも考えなさいと、いったら、”そんなことをいう先生は他にはいません”と、驚かれました。
もちろん、研究室立ち上げ中の身としては、大学院生が増えてほしいのですが、たとえば、他大学院に行って、また10年後に共同研究ができたら、それはとってもすばらしいことだと思います。

この大学の学生は、自分の将来を真剣に考えているのかなあ・・・と、思うこともあります。

薬学って、ある意味せまいので、考え方が狭くなるかもしれないです。
だから、いろんな学会につれて行って、できるだけ学外の友達を作るように、しむけようと、今は画策中です。


博士課程の研究室の選び方は、また、明日。

かっこいい女性研究者??うん?

 お盆休み、大学一斉休暇に突入しています。

今日は、今年はやりのマキシ丈のワンピ、きらきらサンダル、足の爪はブルーのペティキュアで、総説書きしています。総説書くとき、文献などを調べながら書きたいので、オンラインで学術雑誌が見れるよう、研究室にきています。

研究者って、どんな格好しているのだろう・・・と、思っていませんか?

私が今まで在籍した研究室や大学では、特に内規などで明文化されたものはなかったです。

助手のときは、Gパン、素足はやめることに自分で決めていました。女性の場合、男性と比べるとポケットが少ない服が多いので、鍵やIDカードを入れるために白衣を着ていることも多かったです。普段は化粧はしていますが、土曜や休日はしていませんでした。31,2歳のこと、土曜に化粧しないでいたら、学生から、顔色悪いですけど肝臓悪いのですか?と、いわれたのはショックでした。

助教授(途中から准教授に名前が変更)のときは、病院だったので、研究室の外に一歩でるときは、白衣を着ていると、医療スタッフとなりますから、名札、きれいな白衣、つま先の出ていない靴、髪の毛は束ねる・・・と、医療人として気をつけました。このころから、セキュリュティとかで、IDカードの枚数が増えてきたので、大きなポケットのある白衣のほうが便利でした。准教授になると学内の会議や委員会、講義があるのですが、基礎の先生もいらっしゃる会議は白衣を着ない、臨床系や病院の会議のときは白衣を着てが基本です。

薬学部の教授になった今は、何を着ていてもいいのですが、Gパンはやめています。普段は靴はローヒールの黒い皮靴をはいています。やはりサンダルでは何となくおさまりが悪いので。基本は黒のパンツに上はブラウス、会議のときは、ジャケットを着るようにしています。髪の毛は、病院にいたときと違って、おろしていることが多くなりました。化粧は必ずしています。

ここらから今日の本題ですが、

私は、指輪もしていないし、装飾品は時計だけです。時計の横に髪の毛を結ぶゴムを手首にはめています。男女とも結婚指輪をしてる先生も、そこそこみえます。指輪をしていても実験には大丈夫だけど、手を洗う回数が多いのと、手袋をするとき邪魔なので、私は基本しません。

それから、爪は清潔なつめで、短く切りそろえ、ネイルやマニュキュアもしていません。学生の多くはネイルしていますし、研究室に入るまでは、学生実習さえパスすれば、それでOKでしょう。

ピアスも職業上ダメと強いポリシーを持っているわけでなく、なにとなく、穴をあけていないので、していません。クリップ式のは、重いから、夜遅くなるとしんどくなるのでしていません。

学生が実習に行く時とOSCEでは、ネイルも散剤調剤で破片が入るといけないので、禁止です。ピアスも禁止です。指輪は結婚指輪だけOKです。

私は実験は、安全に信用できるデータが得られるなら、何をつけて実験していてもOKと基本は考えています。有機溶媒をさわることや、手洗いが多いことを考えると、私の研究室の実験の範囲では、ネイルは勘弁してほしいですが、指輪やピアスはOKと思います。しかし、一般的に学生にはダメというのは、なぜだろう。ピアスをしていて患者さんが不愉快になるのかなあ。と、思います。結婚指輪はOKなら、石のないリングなら、職務上は大丈夫なはずなのだけどなあ・・と、思います。これも、学生が指10本に指輪したりと、常識のころ合いを守らないから、こうなったのだろう、と推察します。

それと、床に水などをこぼしてあって、それで滑らないよう、実験するときは、運動靴をはくよう自分の研究室の学生にはいってありますが、ときどき、ヒールはいている学生を他では見かけます。

研究室って、もちろん、その分野によるけど、おしゃれしてはいけない、と、いうわけでないです。だから、研究しながらおしゃれするもよし、しないもよしです。社会人として、TPOをわきまえるのは、研究者に限ったことでないので、自分で常識を判断すればよいと思います。
かっこいい研究者を目指してください。私はすでに落伍していますけど。

今日は、表向き休みということもあり、写真のようなサンダルです。タレントのブログみたいです。

今日のあしもと



幸せな研究者・不幸せな研究者 その2

 大学の先生は、夏休みがあっていいですね、と、よくいわれますが、少なくとも、私のまわりでは、そんなことないので・・・・

おとついの記事でNatureの論文を紹介しましたが、このことが私の周囲でも話題になっています。

記事の中では、給料のこと、配偶者が研究者の場合のポジション獲得などのことが触れられています。


給料のことを考えたら、私のような薬学出身者は製薬企業に就職したほうがよかったでしょう。私が大学院を終えるときは、ぜったいにアカデミックとは思っていなかったです。ただ、大学院に行く女性の割り合いが今より低かったので、女の先輩の挙動はどうしても目がいってしまいます。バブルの余韻が残っているころだったので、男性は本当に売り手市場だったにもかかわらず、女性の院卒は、企業への就職は容易でなかったです。それを理由に、女性の大学院進学を嫌がる教授も多かったです。その中、企業に就職した女性の院卒の先輩は、結婚を機に退職、仕事を続けた先輩も研究職を離れたりしていました。それをみていて、自分の意志で異動することのできる大学教員を目指しました。

今なら、企業で研究職から開発や学術、営業に異動することの意義も理解できる気がするのですが、あのころは、一生、研究・・と思っていました。

女性の私が今まで研究職を続けられたのも、奇跡的です。
私は、幸せな研究者なのでしょう。

お盆休み

先日の記事に書いたように免許更新にきています。薬剤師免許でなく車のです。

19歳で自動車免許取得してから、二回連続同一県で書き変えしたことはないけど、今回と次回は同じ富山県での書き変えになると思います。

研究室もお盆休みモードに入り、雰囲気がゆったりしています。大学の研究者にとっては、お盆休みくらいしか完全フリーで自分のことが出来ないから、つい仕事してしまいます。

久しぶりに京都の実家に帰ることも考えていたけど、20日〆切の総説と教員業績評価資料作成、今月末の海外学会のスライド準備考えて決心鈍っています。

研究室のスタッフや学生もお盆休みとるために実験を止めていて、もったいないなあ、と、つい思ってしまう私は研究室運営者失格です。あっ、口や行動には一切出していないつもりです。

幸せな研究者、不幸せな研究者


論文は大部分英語ですが、nature asia-pacific  というサイトから、日本語のダイジェスト版をみることができます。自分の分野で大きく離れていても気楽に読めるので、ときどきのぞいています。

その中で、研究者キャリアアンケートで、幸せな研究者、不幸せな研究者という記事がありました。

内容は各自読んでいただければよいですが、 国民の幸福度、研究者の満足度とも日本が最下位って、ショックでした。

文中にあるように、日本人は満足度を低く見積もる傾向はあるかもしれません。

私の知る限り、大学の先生は、理系だと、朝8時前に大学に来て、夜10時まで研究室にいて、それで当り前という雰囲気がありますので、時間給にしたら、おぞましいものがあるかもしれません。私個人は、給料とポジションが比例はしていないのですが、これは、タイミングが景気後退や大学法人化とあってしまったからか、日本のシステムなのか分からないです。

人間気の持ちよう、根性だ・・・と、いう時代は終わり、きちんと考えないといけないかもしれませんが、今は、私はそこまでの職責を持っていないので、とにかく、自分のまわりからです。


京王プラザホテルにて

 東京に新宿にきています。
明日、研究発表会があるホテルに泊まっています。
普段は、ネットが確実につながることが分かっている東横インに泊まることが多いけど、今日は老舗ホテルです。ビジネスホテルのスピーディーさはないけど、フロント全員が、すてきな英語を話していたり、部屋がゆったりしているのは、さすが・・と、思います。私は自販機でジュースやビールがコンビニと同じ値段で買える東横インも好きだし、こんな老舗ホテルも好きです。


昨日の続きて、博士課程修了後について、記述したいところですが、高学歴ワーキングプアの本が送りつけられてきた経験を持つ身としては、慎重に書きたいので、自宅から落ち着いて発信します。

夜8時に新宿着で、一人で夕飯を食べようとしたけど、お酒を飲むところは一人ではさみしいし、ビュッフェ形式のところも一人はしんどいし、で、ロイヤルホストにしました。写真はカレーですが、ナンでなかったのが残念。
インドカレー

脳の研究

 自分の研究分野の専門を書く時は、”神経化学” と書くことが多いです。もちろん研究室の名前の”薬物治療学”とすることもあります。あと薬剤師系の場面では、”医療薬学”と、します。精神疾患モデルの作成の内容で研究費助成申請をするときは、”神経精神薬理”とします。どのような時も、統一しているのは、”脳の研究”をしていることです。

私の研究テーマとしては、神経栄養因子の関係、例えば、神経栄養因子の産生を増加させるような低分子化合物を見つけること。いくつかの神経栄養因子の定量をすること。生体内の神経栄養因子の濃度を測定すること・・・。

ストレスと神経栄養因子の関係。うつ病と神経栄養因子の関係。

薬物依存(ニコチン、モルヒネ、メタンフェタミン・・・←これはヒロポンのことです)の研究。

最近の数年必死になっているのは、精神病疾患関連遺伝子のことです。これの名前はピッコロとシャチといいます。この2つの分子の遺伝子改変マウスを作製しています。これらの行動解析をして、富山大学での初仕事として投稿するつもりです。がんばろう・・

研究手法としては、行動薬理、マイクロダイアリシス、遺伝子操作、細胞培養・・・・と、かなり盛りだくさんです。

こんな感じで、日々、皆実験しています。




今日の写真も、大学院の先輩で現在他大学の教授をしている方から教授就任祝いとしていただいた陶器の人形です。写真にすると、リカちゃん人形みたいだけど、本物は、白衣を着て、試験管をふっている女性で、とっても清楚です。本当に素敵です

LLADROの陶器人形

学位の意味・・追加

 さっき投稿した記事に追加です。

学位取得に論文O報必要・・・というのは、大学とか研究科ごとに内規が決まっている場合もあるし、多くの場合は、教授陣が暗黙の了解にしているところもあるように感じます(あくまでも、私の今まで在籍した大学とか、経験の範囲でね)。

しかし、学位は究極的には、授与する大学の先生が、”学位取得にふさわしい”と評価するかどうかなのです。だから、その教授が考えている基準に達しなければ、いくら一流誌に論文があっても、学位授与はしないのです。逆に、学位授与に値すると判断されれば、論文がなくとも、学位授与されるわけです。

私が半年だけ留学したカナダのマギル大学では、学位取得に論文がいくついるということが決まっていず、暗黙の了解のようなものもなかったようです。私が研究所中の人に”Ph.D取得に論文は何報いるの?”と、尋ねると、皆、”0でもよい”との答えでした。 研究室に在籍するタイミングによっては、いきなりIFが10近い論文が出ることもあるけど、それは実力ではない、と、いう評価のようでした。

薬学領域では、オーバードクターが頻繁には認められていないこと、博士課程修了後、企業に就職する場合は、修了1年以上前に内定が出ていて、新卒のほうが就職しやすいこともあり、博士課程3年とか4年の間に、何とか3−4報まとめさせるようなテーマで実験させて、論文も学生によっては、9割方教員が作成するパターンが多いように感じます。自分が教員になってみて、私にとっては、これからですが、オーバードクターさせる勇気、また、その間の生活の面倒をみる甲斐性はあるのかなあ・・と、感じています。

では、もう少し仕事してから本日は寝ますね。

<< | 8/9PAGES | >>

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
管理者のこと
現在、国立大学薬学部で研究室を運営中。精神・神経薬理を専門としています。薬学部が6年制となり、新たなカリキュラムの実施を担当しています。薬学部で、教育と研究の両立は可能と信じて毎日を過ごしています。大学で繰り広げられていることを一般の方にお知らせしたり、神経・精神の研究や薬剤師に興味のある方に情報提供したいです。
私への連絡
プログを読まれて、私にコンタクトしたいと思っていただいた方は、コメント欄にメールアドレスをお書きの上、連絡ください。コメントは私が承認しないと公開されないようにしていますので、メールアドレスや個人的なことが書かれていた場合は公開しませんが、文中にその旨、お書きいただけると助かります。 共同研究、大学院入学(薬学部以外の卒業生、薬学部6年制・4年制卒業生、大歓迎です)のご相談も随時、お受けしています。
みんなに見ていただきたいので。よければクリックしてください。 **selected entries**
**categories**
**archives**
**recent comment**

**recent trackback**

**search this site.**

**links**
**profile**
**others** **mobile**
qrcode
**powered**
無料ブログ作成サービス JUGEM